第16章 クラスターリソースの管理

本セクションでは、クラスターリソースを管理するのに使用できる様々なコマンドを説明します。

16.1. 設定されているリソースの表示

設定されているリソースの一覧を表示する場合は、次のコマンドを使用します。

pcs resource status

たとえば、システムを設定していたリソースの名前が VirtualIPWebSite の場合は、pcs resource show コマンドを実行すると次のような出力が得られます。

# pcs resource status
 VirtualIP	(ocf::heartbeat:IPaddr2):	Started
 WebSite	(ocf::heartbeat:apache):	Started

設定したリソースの一覧と、そのリソースに設定したパラメーターを表示する場合は、以下のように、pcs resource config コマンドの --full オプションを使用します。

# pcs resource config
 Resource: VirtualIP (type=IPaddr2 class=ocf provider=heartbeat)
  Attributes: ip=192.168.0.120 cidr_netmask=24
  Operations: monitor interval=30s
 Resource: WebSite (type=apache class=ocf provider=heartbeat)
  Attributes: statusurl=http://localhost/server-status configfile=/etc/httpd/conf/httpd.conf
  Operations: monitor interval=1min

リソースに設定されているパラメーターを表示する場合は、次のコマンドを使用します。

pcs resource config resource_id

たとえば、次のコマンドは、現在設定されているリソース VirtualIP のパラメーターを表示します。

# pcs resource config VirtualIP
 Resource: VirtualIP (type=IPaddr2 class=ocf provider=heartbeat)
  Attributes: ip=192.168.0.120 cidr_netmask=24
  Operations: monitor interval=30s

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。