第25章 クラスタークォーラム

Red Hat High Availability Add-On クラスターは、スプリットブレインの状況を回避するために、votequorum サービスをフェンシングと併用します。クラスターの各システムには多くの投票数が割り当てられ、過半数の票を取得しているものだけがクラスターの操作を継続できます。サービスは、すべてのノードに読み込むか、いずれのノードにも読み込まないようにする必要があります。サービスをクラスタノードのサブセットに読み込むと、結果が予想できなくなります。votequorum サービスの設定および操作の詳細は、man ページの votequorum(5) を参照してください。

25.1. クォーラムオプションの設定

pcs cluster setup コマンドを使用してクラスターを作成する場合は、クォーラム設定の特殊な機能を使用できます。表25.1「クォーラムオプション」には、このようなオプションをまとめています。

表25.1 クォーラムオプション

オプション説明

auto_tie_breaker

これを有効にすると、クラスターは、決定論的に最大 50% のノードが同時に失敗しても存続されます。クラスターパーティションや、auto_tie_breaker_node に設定された nodeid (設定されていない場合は最小の nodeid) と通信したままのノードのセットは、クォーラムに達した状態を維持します。その他のノードはクォーラムに達しません。

auto_tie_breaker オプションを指定すると、均等の分割でクラスターが動作を継続できるようになるため、主に偶数個のノードがあるクラスターで使用されます。複数で不均等の分割などの、より複雑な障害は、「クォーラムデバイス」を参照してください。

auto_tie_breaker オプションは、クォーラムデバイスと互換性がありません。

wait_for_all

有効にすると、最低 1 回、同時にすべてのノードが現れた後に、初回だけ、クラスターがクォーラムに達します。

wait_for_all オプションは、主にクォーラムデバイス lms (last man standing) アルゴリズムを使用する 2 ノードクラスター、および偶数のノードで構成されるクラスターに使用されます。

wait_for_all オプションは、クラスターに 2 つのノードがあり、クォーラムデバイスを使用せず、auto_tie_breaker が無効になっている場合に自動的に有効になります。wait_for_all を明示的に 0 に設定すると、このオプションをオーバーライドできます。

last_man_standing

有効にすると、クラスターは特定の状況で expected_votes とクォーラムを動的に再計算します。このオプションを有効にする場合は、wait_for_all を有効にする必要があります。last_man_standing オプションには、クォーラムデバイスとの互換性がありません。

last_man_standing_window

クラスターのノードが失われた後の、expected_votes およびクォーラムを再計算するまでの待ち時間 (ミリ秒単位) です。

このオプションの設定および使用の詳細は、man ページの votequorum(5) を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。