Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.6. クラスター設定のバックアップおよび復元

以下のコマンドは、tar アーカイブのクラスター設定のバックアップを作成し、バックアップからすべてのノードのクラスター設定ファイルを復元します。

手順

以下のコマンドを使用して、tar アーカイブでクラスター設定をバックアップします。ファイル名を指定しないと、標準出力が使用されます。

pcs config backup filename
注記

pcs config backup コマンドは、CIB に設定したようにクラスターの設定だけをバックアップします。リソースデーモンの設定は、このコマンドに含まれません。たとえば、クラスターで Apache リソースを設定すると、(CIB にある) リソース設定のバックアップが作成されますが、(/etc/httpd に設定したとおり) Apache デーモン設定と、そこで使用されるファイルのバックアップは作成されません。同様に、クラスターに設定されているデータベースリソースがある場合は、データベースそのもののバックアップが作成されません。ただし、データベースのリソース設定のバックアップ (CIB) は作成されます。

以下のコマンドを使用して、バックアップからすべてのクラスターノードのクラスター設定ファイルを復元します。--local オプションを指定すると、このコマンドを実行したノードでのみクラスター設定ファイルが復元されます。ファイル名を指定しないと、標準入力が使用されます。

pcs config restore [--local] [filename]