第2章 Pacemaker の使用の開始

以下の手順では、Pacemaker クラスターを作成するのに使用するツールとプロセスの概要を説明します。ここで説明する内容は、クラスターソフトウェアの概要と、作業用のクラスターを設定せずに管理する方法に関心のあるユーザーを対象としています。

注記

ここで説明する手順では、2 つ以上のノードとフェンシングデバイスの設定が必要となるサポート対象の Red Hat クラスターは作成されません。Red Hat のサポートポリシー、要件、および制限の詳細は、「 RHEL 高可用性クラスターの サポートポリシー」を参照してください

2.1. Pacemaker の使用方法

この例では、RHEL 8 を実行している 1 つのノードと、そのノードに静的に割り当てられている IP アドレスの 1 つと同じネットワークにあるフローティング IP アドレスが必要です。

  • この例で使用されているノードは、z1.example.com です。
  • この例で使用されているフローティング IP アドレスは、192.168.122.120 です。
注記

/etc/hosts ファイルに、実行しているノードの名前があることを確認してください。

ここでは、Pacemaker を使用してクラスターを設定する方法、クラスターのステータスを表示する方法、およびクラスターサービスを設定する方法を学習します。この例では、Apache HTTP サーバーをクラスターリソースとして作成し、リソースに障害が発生した場合のクラスターの応答方法を表示します。

  1. High Availability チャンネルから Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアパッケージをインストールし、pcsd サービスを起動して有効にします。

    # yum install pcs pacemaker fence-agents-all
    ...
    # systemctl start pcsd.service
    # systemctl enable pcsd.service

    firewalld デーモンを実行している場合は、Red Hat High Availability Add-On で必要なポートを有効にします。

    # firewall-cmd --permanent --add-service=high-availability
    # firewall-cmd --reload
  2. クラスターの各ノードにユーザー hacluster のパスワードを設定し、pcs コマンドを実行するノードにあるクラスターの各ノードに対して、hacluster ユーザーの認証を行います。この例では、ノードを 1 つだけ使用し、そのノードからコマンドを実行していますが、このステップはサポート対象の Red Hat High Availability マルチノードクラスターを設定する際に必要となるため、この手順に含まれています。

    # passwd hacluster
    ...
    # pcs host auth z1.example.com
  3. メンバーを 1 つ含む my_cluster という名前のクラスターを作成し、クラスターのステータスを確認します。この 1 つのコマンドで、クラスターが作成され、起動します。

    # pcs cluster setup my_cluster --start z1.example.com
    ...
    # pcs cluster status
    Cluster Status:
     Stack: corosync
     Current DC: z1.example.com (version 2.0.0-10.el8-b67d8d0de9) - partition with quorum
     Last updated: Thu Oct 11 16:11:18 2018
     Last change: Thu Oct 11 16:11:00 2018 by hacluster via crmd on z1.example.com
     1 node configured
     0 resources configured
    
    PCSD Status:
      z1.example.com: Online
  4. Red Hat High Availability クラスターでは、クラスターのフェンシングを設定することが必要になります。この要件が必要になる理由は「RHEL 高可用性クラスターでフェンシングが重要なのはなぜですか?」を参照してください。ただし、ここでは基本的な Pacemaker コマンドの使用方法を説明することを目的としているため、stonith-enabled クラスターのオプションを false に設定し、フェンシングを無効にします。

    警告

    stonith-enabled=false の使用は、実稼働クラスターには完全に適していません。これにより、障害が発生したノードが適切にフェンスされていることを装うようにクラスターに指示されます。

    # pcs property set stonith-enabled=false
  5. システムに Web ブラウザーを設定し、Web ページを作成して簡単なテキストメッセージを表示します。firewalld デーモンを実行している場合は、httpd で必要なポートを有効にします。

    注記

    システムの起動時に使用する場合は、systemctl enable で、クラスターが管理するサービスを有効にしないでください。

    # yum install -y httpd wget
    ...
    # firewall-cmd --permanent --add-service=http
    # firewall-cmd --reload
    
    # cat <<-END >/var/www/html/index.html
    <html>
    <body>My Test Site - $(hostname)</body>
    </html>
    END

    Apache リソースエージェントが Apache のステータスを取得できるようにするため、既存の設定に以下の内容を追加して、ステータスサーバーの URL を有効にします。

    # cat <<-END > /etc/httpd/conf.d/status.conf
    <Location /server-status>
    SetHandler server-status
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from ::1
    </Location>
    END
  6. クラスターが管理するリソース IPaddr2 および apache を作成します。「IPaddr2」はフローティング IP であるため、物理ノードに関連付けられている IP アドレスは使用できません。「IPaddr2」の NIC デバイスを指定しない場合は、そのノードで使用される、静的に割り当てられた IP アドレスと同じネットワークにフローティング IP が存在する必要があります。

    利用可能なリソースタイプの一覧を表示する場合は、pcs resource list コマンドを使用します。指定したリソースタイプに設定できるパラメーターを表示する場合は、pcs resource describe resourcetype コマンドを使用します。たとえば、以下のコマンドは、apache タイプのリソースに設定できるパラメーターを表示します。

    # pcs resource describe apache
    ...

    この例では、IP アドレスリソースと apache リソースの両方が apachegroup グループに含まれるように設定します。これにより、両リソースが一緒に保存され、作業用のマルチノードクラスターを設定する際に、同じノードで実行できます。

    # pcs resource create ClusterIP ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.122.120 --group apachegroup
    
    # pcs resource create WebSite ocf:heartbeat:apache configfile=/etc/httpd/conf/httpd.conf statusurl="http://localhost/server-status" --group apachegroup
    
    # pcs status
    Cluster name: my_cluster
    Stack: corosync
    Current DC: z1.example.com (version 2.0.0-10.el8-b67d8d0de9) - partition with quorum
    Last updated: Fri Oct 12 09:54:33 2018
    Last change: Fri Oct 12 09:54:30 2018 by root via cibadmin on z1.example.com
    
    1 node configured
    2 resources configured
    
    Online: [ z1.example.com ]
    
    Full list of resources:
    
    Resource Group: apachegroup
        ClusterIP  (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started z1.example.com
        WebSite    (ocf::heartbeat:apache):        Started z1.example.com
    
    PCSD Status:
      z1.example.com: Online
    ...

    クラスターリソースを設定したら、pcs resource config コマンドを使用して、そのリソースに設定したオプションを表示します。

    # pcs resource config WebSite
    Resource: WebSite (class=ocf provider=heartbeat type=apache)
     Attributes: configfile=/etc/httpd/conf/httpd.conf statusurl=http://localhost/server-status
     Operations: start interval=0s timeout=40s (WebSite-start-interval-0s)
                 stop interval=0s timeout=60s (WebSite-stop-interval-0s)
                 monitor interval=1min (WebSite-monitor-interval-1min)
  7. ブラウザーで、設定済みのフローティング IP アドレスを使用して作成した Web サイトを開くように指定します。定義したテキストメッセージが表示されるはずです。
  8. Apache Web サービスを停止し、クラスターのステータスを確認します。killall -9 を使用して、アプリケーションレベルのクラッシュをシミュレートします。

    # killall -9 httpd

    クラスターのステータスを確認します。Web サービスは停止したためアクションは失敗しますが、クラスターソフトウェアがサービスを再起動したため、Web サイトに引き続きアクセスできることが確認できるはずです。

    # pcs status
    Cluster name: my_cluster
    ...
    Current DC: z1.example.com (version 1.1.13-10.el7-44eb2dd) - partition with quorum
    1 node and 2 resources configured
    
    Online: [ z1.example.com ]
    
    Full list of resources:
    
    Resource Group: apachegroup
        ClusterIP  (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started z1.example.com
        WebSite    (ocf::heartbeat:apache):        Started z1.example.com
    
    Failed Resource Actions:
    * WebSite_monitor_60000 on z1.example.com 'not running' (7): call=13, status=complete, exitreason='none',
        last-rc-change='Thu Oct 11 23:45:50 2016', queued=0ms, exec=0ms
    
    PCSD Status:
        z1.example.com: Online

    サービスが再開すると、障害が発生したリソースの障害 (failure) ステータスが削除されるため、クラスターステータスを確認する際に、障害が発生したアクションの通知が表示されなくなります。

    # pcs resource cleanup WebSite
  9. クラスターと、クラスターのステータスを確認したら、ノードでクラスターサービスを停止します。(この手順を試すために、実際にサービスを起動したノードが 1 つだけであっても) --all パラメーターを追加してください。これにより実際のマルチノードクラスターの全ノードでクラスターサービスが停止します。

    # pcs cluster stop --all

2.2. フェイルオーバーの設定方法

以下の手順では、サービスを実行する Pacemaker クラスターの作成方法を紹介します。このサービスは、サービスを実行しているノードが利用できなくなると、現在のノードから別のノードにフェイルオーバーします。この手順を行って、2 ノードクラスターでサービスを作成する方法と、サービスを実行しているノードでサービスが失敗するとどうなるかを確認します。

この手順では、Apache HTTP サーバーを実行する 2 ノード Pacemaker クラスターを設定します。その後、1 つのノードで Apache サービスを停止し、どのようにしてサービスを利用可能のままにしているかを確認できます。

この手順では、相互に通信が可能な Red Hat Enterprise Linux 8 を実行するノードを 2 つ用意するという要件を満たし、フローティング IP アドレスが、そのノードに静的に割り当てられている IP アドレスの 1 つと同じネットワークにあることが必要です。

  • この例で使用されるノードは、z1.example.com および z2.example.com です。
  • この例で使用されているフローティング IP アドレスは、192.168.122.120 です。
注記

各ノードの /etc/hosts ファイルに、使用しているノード名が登録されていることを確認します。

  1. 両方のノードで、High Availability チャンネルから Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアパッケージをインストールし、pcsd サービスを起動して有効にします。

    # yum install pcs pacemaker fence-agents-all
    ...
    # systemctl start pcsd.service
    # systemctl enable pcsd.service

    firewalld デーモンを実行している場合は、両方のノードで、Red Hat High Availability Add-On で必要なポートを有効にします。

    # firewall-cmd --permanent --add-service=high-availability
    # firewall-cmd --reload
  2. クラスター内の両方のノードに、hacluster ユーザーのパスワードを設定します。

    # passwd hacluster
  3. pcs コマンドを実行するノードで、クラスター内の各ノードに対して hacluster ユーザーの認証を行います。

    # pcs host auth z1.example.com z2.example.com
  4. 両方のノードで、クラスターメンバーとなるクラスター my_cluster を作成します。この 1 つのコマンドで、クラスターが作成され、起動します。pcs 設定コマンドはクラスター全体に適用されるため、このコマンドは、クラスター内のいずれかのノードで実行してください。

    クラスター内のいずれかのノードで、以下のコマンドを実行します。

    # pcs cluster setup my_cluster --start z1.example.com z2.example.com
  5. Red Hat High Availability クラスターでは、クラスターのフェンシングを設定することが必要になります。この要件が必要になる理由は「RHEL 高可用性クラスターでフェンシングが重要なのはなぜですか?」を参照してください。ただし、この設定でフェイルオーバーがどのように機能するかを示す場合は、stonith-enabled クラスターのオプションを false に設定し、フェンシングを無効にします。

    警告

    stonith-enabled=false の使用は、実稼働クラスターには完全に適していません。これにより、障害が発生したノードが適切にフェンスされていることを装うようにクラスターに指示されます。

    # pcs property set stonith-enabled=false
  6. クラスターを作成し、フェンシングを無効にしたら、クラスターのステータスを確認します。

    注記

    pcs cluster status コマンドを実行したときの出力は、一時的に、システムコンポーネントの起動時の例とは若干異なる場合があります。

    # pcs cluster status
    Cluster Status:
     Stack: corosync
     Current DC: z1.example.com (version 2.0.0-10.el8-b67d8d0de9) - partition with quorum
     Last updated: Thu Oct 11 16:11:18 2018
     Last change: Thu Oct 11 16:11:00 2018 by hacluster via crmd on z1.example.com
     2 nodes configured
     0 resources configured
    
    PCSD Status:
      z1.example.com: Online
      z2.example.com: Online
  7. 両方のノードに Web ブラウザーを設定し、Web ページを作成して簡単なテキストメッセージを表示します。firewalld デーモンを実行している場合は、httpd で必要なポートを有効にします。

    注記

    システムの起動時に使用する場合は、systemctl enable で、クラスターが管理するサービスを有効にしないでください。

    # yum install -y httpd wget
    ...
    # firewall-cmd --permanent --add-service=http
    # firewall-cmd --reload
    
    # cat <<-END >/var/www/html/index.html
    <html>
    <body>My Test Site - $(hostname)</body>
    </html>
    END

    Apache リソースエージェントが、クラスターの各ノードで Apache のステータスを取得できるようにするため、既存の設定に以下の内容を追加して、ステータスサーバーの URL を有効にします。

    # cat <<-END > /etc/httpd/conf.d/status.conf
    <Location /server-status>
    SetHandler server-status
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from ::1
    </Location>
    END
  8. クラスターが管理するリソース IPaddr2 および apache を作成します。「IPaddr2」はフローティング IP であるため、物理ノードに関連付けられている IP アドレスは使用できません。「IPaddr2」の NIC デバイスを指定しない場合は、そのノードで使用される、静的に割り当てられた IP アドレスと同じネットワークにフローティング IP が存在する必要があります。

    利用可能なリソースタイプの一覧を表示する場合は、pcs resource list コマンドを使用します。指定したリソースタイプに設定できるパラメーターを表示する場合は、pcs resource describe resourcetype コマンドを使用します。たとえば、以下のコマンドは、apache タイプのリソースに設定できるパラメーターを表示します。

    # pcs resource describe apache
    ...

    この例では、IP アドレスリソースおよび apache リソースの両方が、apachegroup という名前のグループに含まれるように設定します。これにより、両リソースが一緒に保存され、同じノードで実行できます。

    クラスター内のいずれかのノードで、次のコマンドを実行します。

    # pcs resource create ClusterIP ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.122.120 --group apachegroup
    
    # pcs resource create WebSite ocf:heartbeat:apache configfile=/etc/httpd/conf/httpd.conf statusurl="http://localhost/server-status" --group apachegroup
    
    # pcs status
    Cluster name: my_cluster
    Stack: corosync
    Current DC: z1.example.com (version 2.0.0-10.el8-b67d8d0de9) - partition with quorum
    Last updated: Fri Oct 12 09:54:33 2018
    Last change: Fri Oct 12 09:54:30 2018 by root via cibadmin on z1.example.com
    
    2 nodes configured
    2 resources configured
    
    Online: [ z1.example.com z2.example.com ]
    
    Full list of resources:
    
    Resource Group: apachegroup
        ClusterIP  (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started z1.example.com
        WebSite    (ocf::heartbeat:apache):        Started z1.example.com
    
    PCSD Status:
      z1.example.com: Online
      z2.example.com: Online
    ...

    このインスタンスでは、apachegroup サービスが z1.example.com ノードで実行していることに注意してください。

  9. 作成した Web サイトにアクセスし、サービスを実行しているノードでそのサービスを停止し、2 番目のノードにサービスがフェイルオーバーする方法を確認してください。

    1. ブラウザーで、設定済みのフローティング IP アドレスを使用して作成した Web サイトを開くように指定します。定義したテキストメッセージが表示され、Web サイトを実行しているノードの名前が表示されるはずです。
    2. Apache Web サービスを停止します。killall -9 を使用して、アプリケーションレベルのクラッシュをシミュレートします。

      # killall -9 httpd

      クラスターのステータスを確認します。Web サービスを停止したためにアクションが失敗したものの、サービスが実行していたノードでクラスターソフトウェアがサービスを再起動するため、Web サイトに引き続きアクセスできるはずです。

      # pcs status
      Cluster name: my_cluster
      Stack: corosync
      Current DC: z1.example.com (version 2.0.0-10.el8-b67d8d0de9) - partition with quorum
      Last updated: Fri Oct 12 09:54:33 2018
      Last change: Fri Oct 12 09:54:30 2018 by root via cibadmin on z1.example.com
      
      2 nodes configured
      2 resources configured
      
      Online: [ z1.example.com z2.example.com ]
      
      Full list of resources:
      
      Resource Group: apachegroup
          ClusterIP  (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started z1.example.com
          WebSite    (ocf::heartbeat:apache):        Started z1.example.com
      
      Failed Resource Actions:
      * WebSite_monitor_60000 on z1.example.com 'not running' (7): call=31, status=complete, exitreason='none',
          last-rc-change='Fri Feb  5 21:01:41 2016', queued=0ms, exec=0ms

      サービスが再開したら、障害 (failure) ステータスを削除します。

      # pcs resource cleanup WebSite
    3. サービスを実行しているノードをスタンバイモードにします。フェンシングを無効にしているため、ノードレベルの障害 (電源ケーブルを引き抜くなど) を効果的にシミュレートできません。クラスターがこのような状態から復旧するにはフェンシングが必要になるためです。

      # pcs node standby z1.example.com
    4. クラスターのステータスを確認し、サービスを実行している場所をメモします。

      # pcs status
      Cluster name: my_cluster
      Stack: corosync
      Current DC: z1.example.com (version 2.0.0-10.el8-b67d8d0de9) - partition with quorum
      Last updated: Fri Oct 12 09:54:33 2018
      Last change: Fri Oct 12 09:54:30 2018 by root via cibadmin on z1.example.com
      
      2 nodes configured
      2 resources configured
      
      Node z1.example.com: standby
      Online: [ z2.example.com ]
      
      Full list of resources:
      
      Resource Group: apachegroup
          ClusterIP  (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started z2.example.com
          WebSite    (ocf::heartbeat:apache):        Started z2.example.com
    5. Web サイトにアクセスします。サービスの切断はありません。表示メッセージには、サービスを実行しているノードが含まれるはずです。
  10. クラスターサービスを最初のノードに復元するには、そのノードをスタンドバイモードから回復します。ただし、必ずしもそのサービスが最初のノードに戻るわけではありません。

    # pcs node unstandby z1.example.com
  11. 最終的なクリーンナップを行うために、両方のノードでクラスターサービスを停止します。

    # pcs cluster stop --all

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。