Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

18.3. 昇格可能なクローンリソース

昇格可能なクローンリソースは、promotable メタ属性が true に設定されているクローンリソースです。昇格可能なクローンリソースにより、インスタンスの操作モードは、master および slave のいずれかにできます。モードの名前には特別な意味はありませんが、インスタンスの起動時に、Slave 状態で起動する必要があるという制限があります。

18.3.1. 昇格可能なクローンリソースの作成

次のコマンドを実行すると、リソースを昇格可能なクローンとして作成できます。

RHEL 8.4 以降:

pcs resource create resource_id [standard:[provider:]]type [resource options] promotable [clone_id] [clone options]

RHEL 8.3 以前:

pcs resource create resource_id [standard:[provider:]]type [resource options] promotable [clone options]

デフォルトでは、昇格可能なクローンの名前は resource_id-clone となります。

RHEL 8.4 では、clone_id オプションの値を指定して、クローンのカスタム名を設定できます。

また、次のコマンドを使用して、作成済みのリソースまたはリソースグループから、昇格可能なリソースを作成することもできます。

RHEL 8.4 以降:

pcs resource promotable resource_id [clone_id] [clone options]

RHEL 8.3 以前:

pcs resource promotable resource_id [clone options]

デフォルトでは、昇格可能なクローンの名前は resource_id-clone または group_name-clone になります。

RHEL 8.4 では、clone_id オプションの値を指定して、クローンのカスタム名を設定できます。

以下の表には、昇格可能なリソースに指定できる追加クローンオプションを示しています。

表18.2 昇格可能なクローンに利用できる追加のクローンオプション

フィールド説明

promoted-max

昇格できるリソースのコピー数。デフォルト値は 1 です。

promoted-node-max

1 つのノードで昇格できるリソースのコピー数。デフォルト値は 1 です。

18.3.2. 昇格可能なリソース制約の表示

ほとんどの場合、昇格可能なリソースには、アクティブなクラスターノードごとに 1 つのコピーがあります。そうではない場合は、リソースの場所制約を使用して、クラスターが優先的にコピーを割り当てるノードを指定できます。これらの制約は、通常のリソースと同様に記述されます。

リソースのロールをマスターにするかスレーブにするかを指定するコロケーション制約を作成できます。次のコマンドは、リソースのコロケーション制約を作成します。

pcs constraint colocation add [master|slave] source_resource with [master|slave] target_resource [score] [options]

コロケーションの制約の詳細は、クラスターリソースのコロケーション を参照してください。

昇格可能なリソースが含まれる順序制約を設定する場合に、リソースに指定できるアクションに、リソースのスレーブロールからマスターへのロールの昇格を指定する promote があります。また、demote を指定すると、マスターからスレーブにリソースを降格できます。

順序制約を設定するコマンドは次のようになります。

pcs constraint order [action] resource_id then [action] resource_id [options]

リソースの順序制約の詳細は、クラスターリソースの実行順序の決定 を参照してください。