第6章 Red Hat High Availability クラスターのアクティブ/パッシブな NFS サーバーの設定

以下の手順では、共有ストレージを使用して、2 ノードの Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On クラスターで、高可用性アクティブ/パッシブ NFS サーバーを設定します。この手順では、pcs を使用して Pacemaker クラスターリソースを設定します。このユースケースでは、クライアントが、フローティング IP アドレスから NFS ファイルシステムにアクセスします。NFS サービスは、クラスターにある 2 つのノードのいずれかで実行します。NFS サーバーが実行しているノードが正常に動作しなくなると、NFS サーバーはクラスターの 2 番目のノードで再起動し、サービスの中断が最小限に抑えられます。

6.1. 前提条件

このユースケースでは、システムに以下のコンポーネントが必要です。

  • 各ノードに電源フェンスが設定されている 2 ノードの Red Hat High Availability クラスター。プライベートネットワークが推奨されますが、必須ではありません。この手順では、「Pacemaker を使用した Red Hat High Availability クラスターの作成」で説明されているサンプルのクラスターを使用します。
  • NFS サーバーに必要なパブリック仮想 IP アドレス。
  • iSCSI、ファイバーチャネル、またはその他の共有ネットワークデバイスを使用する、クラスター内のノードに対する共有ストレージ。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。