Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第6章 Red Hat High Availability クラスターのアクティブ/パッシブな NFS サーバーの設定

以下の手順では、共有ストレージを使用して、2 ノードの Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On クラスターで、高可用性アクティブ/パッシブ NFS サーバーを設定します。この手順では、pcs コマンドラインインターフェースを使用して Pacemaker クラスターリソースを設定します。このユースケースでは、クライアントが、フローティング IP アドレスから NFS ファイルシステムにアクセスします。NFS サービスは、クラスターにある 2 つのノードのいずれかで実行します。NFS サーバーが実行しているノードが正常に動作しなくなると、NFS サーバーはクラスターの 2 番目のノードで再起動し、サービスの中断が最小限に抑えられます。

このユースケースでは、システムに以下のコンポーネントが必要です。

  • 各ノードに電源フェンスが設定されている 2 ノードの Red Hat High Availability クラスター。プライベートネットワークが推奨されますが、必須ではありません。この手順では、「Pacemaker を使用した Red Hat High Availability クラスターの作成」で説明されているサンプルのクラスターを使用します。
  • NFS サーバーに必要なパブリック仮想 IP アドレス。
  • iSCSI、ファイバーチャネル、またはその他の共有ネットワークデバイスを使用する、クラスター内のノードに対する共有ストレージ。

既存の 2 ノードの Red Hat Enterprise Linux High Availability クラスターで高可用性アクティブ/パッシブ NFS サーバーを設定するには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. クラスターのノード用に、共有ストレージの LVM 論理ボリュームにファイルシステムを設定します。
  2. 共有ストレージの LVM 論理ボリュームで NFS 共有を設定する。
  3. クラスターリソースを作成する。
  4. 設定した NFS サーバーをテストする。

6.1. Pacemaker クラスターで ext4 ファイルシステムを持つ LVM ボリュームの設定

この手順では、クラスターのノード間で共有されているストレージに LVM 論理ボリュームを作成します。

注記

LVM ボリュームと、クラスターノードで使用するパーティションおよびデバイスは、クラスターノード以外には接続しないでください。

以下の手順では、LVM 論理ボリュームを作成して Pacemaker クラスターで使用できるように、ボリュームに ext4 ファイルシステムを作成します。この例では、LVM 論理ボリュームを作成する LVM 物理ボリュームを保管するのに、共有パーティション /dev/sdb1 が使用されます。

手順

  1. クラスターの両ノードで以下の手順を実行し、LVM システム ID の値を、システムの uname 識別子の値に設定します。LVM システム ID を使用すると、クラスターのみがボリュームグループをアクティブにできるようになります。

    1. /etc/lvm/lvm.conf 設定ファイルの system_id_source 設定オプションを uname に設定します。

      # Configuration option global/system_id_source.
      system_id_source = "uname"
    2. ノードの LVM システム ID が、ノードの uname に一致することを確認します。

      # lvm systemid
        system ID: z1.example.com
      # uname -n
        z1.example.com
  2. LVM ボリュームを作成し、そのボリュームに ext4 ファイルシステムを作成します。/dev/sdb1 パーティションは共有されるストレージであるため、この手順のこの部分は、1 つのノードでのみ実行してください。

    1. パーティション /dev/sdb1 に LVM 物理ボリュームを作成します。

      # pvcreate /dev/sdb1
        Physical volume "/dev/sdb1" successfully created
    2. 物理ボリューム /dev/sdb1 で構成されるボリュームグループ my_vg を作成します。

      # vgcreate my_vg /dev/sdb1
        Volume group "my_vg" successfully created
    3. 新規ボリュームグループには、実行中のノードで、かつボリュームグループの作成元であるノードのシステム ID があることを確認します。

      # vgs -o+systemid
        VG    #PV #LV #SN Attr   VSize  VFree  System ID
        my_vg   1   0   0 wz--n- <1.82t <1.82t z1.example.com
    4. ボリュームグループ my_vg を使用して、論理ボリュームを作成します。

      # lvcreate -L450 -n my_lv my_vg
        Rounding up size to full physical extent 452.00 MiB
        Logical volume "my_lv" created

      lvs コマンドを実行すると、論理ボリュームを表示できます。

      # lvs
        LV      VG      Attr      LSize   Pool Origin Data%  Move Log Copy%  Convert
        my_lv   my_vg   -wi-a---- 452.00m
        ...
    5. 論理ボリューム my_lv に、ext4 ファイルシステムを作成します。

      # mkfs.ext4 /dev/my_vg/my_lv
      mke2fs 1.44.3 (10-July-2018)
      Creating filesystem with 462848 1k blocks and 115824 inodes
      ...