Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

32.2. 復旧クラスターの状態の表示

両方のクラスターのステータスを表示できるように、プライマリークラスターおよび障害復旧クラスターを設定するには、次の手順を実行します。(RHEL 8.2 以降)

注記

障害復旧クラスターを設定すると、自動的にリソースを設定したり、データを複製したりしません。これらのアイテムはユーザーが手動で設定する必要があります。

この例では、以下のように設定されています。

  • プライマリークラスターは PrimarySite という名前で、z1.example.com ノードと z2.example.com ノードで構成されます。
  • 障害復旧サイトのクラスターは DRsite という名前で、z3.example.com ノードおよび z4.example.com ノードで構成されます。

この例では、リソースやフェンスが設定されていない基本的なクラスターを設定します。

手順

  1. 両方のクラスターで使用されるすべてのノードを認証します。

    [root@z1 ~]# pcs host auth z1.example.com z2.example.com z3.example.com z4.example.com -u hacluster -p password
    z1.example.com: Authorized
    z2.example.com: Authorized
    z3.example.com: Authorized
    z4.example.com: Authorized
  2. プライマリークラスターとして使用されるクラスターを作成し、クラスターのクラスターサービスを開始します。

    [root@z1 ~]# pcs cluster setup PrimarySite z1.example.com z2.example.com --start
    {...}
    Cluster has been successfully set up.
    Starting cluster on hosts: 'z1.example.com', 'z2.example.com'...
  3. 障害復旧クラスターとして使用されるクラスターを作成し、クラスターのクラスターサービスを開始します。

    [root@z1 ~]# pcs cluster setup DRSite z3.example.com z4.example.com --start
    {...}
    Cluster has been successfully set up.
    Starting cluster on hosts: 'z3.example.com', 'z4.example.com'...
  4. プライマリークラスターのノードから、2 つ目のクラスターを復旧サイトとして設定します。復旧サイトは、ノードのいずれかの名前により定義されます。

    [root@z1 ~]# pcs dr set-recovery-site z3.example.com
    Sending 'disaster-recovery config' to 'z3.example.com', 'z4.example.com'
    z3.example.com: successful distribution of the file 'disaster-recovery config'
    z4.example.com: successful distribution of the file 'disaster-recovery config'
    Sending 'disaster-recovery config' to 'z1.example.com', 'z2.example.com'
    z1.example.com: successful distribution of the file 'disaster-recovery config'
    z2.example.com: successful distribution of the file 'disaster-recovery config'
  5. 障害復旧設定を確認します。

    [root@z1 ~]# pcs dr config
    Local site:
      Role: Primary
    Remote site:
      Role: Recovery
      Nodes:
        z3.example.com
        z4.example.com
  6. プライマリークラスターのステータスと、プライマリークラスターのノードの障害復旧クラスターのステータスを確認します。

    [root@z1 ~]# pcs dr status
    --- Local cluster - Primary site ---
    Cluster name: PrimarySite
    
    WARNINGS:
    No stonith devices and stonith-enabled is not false
    
    Cluster Summary:
      * Stack: corosync
      * Current DC: z2.example.com (version 2.0.3-2.el8-2c9cea563e) - partition with quorum
      * Last updated: Mon Dec  9 04:10:31 2019
      * Last change:  Mon Dec  9 04:06:10 2019 by hacluster via crmd on z2.example.com
      * 2 nodes configured
      * 0 resource instances configured
    
    Node List:
      * Online: [ z1.example.com z2.example.com ]
    
    Full List of Resources:
      * No resources
    
    Daemon Status:
      corosync: active/disabled
      pacemaker: active/disabled
      pcsd: active/enabled
    
    
    --- Remote cluster - Recovery site ---
    Cluster name: DRSite
    
    WARNINGS:
    No stonith devices and stonith-enabled is not false
    
    Cluster Summary:
      * Stack: corosync
      * Current DC: z4.example.com (version 2.0.3-2.el8-2c9cea563e) - partition with quorum
      * Last updated: Mon Dec  9 04:10:34 2019
      * Last change:  Mon Dec  9 04:09:55 2019 by hacluster via crmd on z4.example.com
      * 2 nodes configured
      * 0 resource instances configured
    
    Node List:
      * Online: [ z3.example.com z4.example.com ]
    
    Full List of Resources:
      * No resources
    
    Daemon Status:
      corosync: active/disabled
      pacemaker: active/disabled
      pcsd: active/enabled

災害復旧設定の追加の表示オプションは、pcs dr コマンドのヘルプ画面を参照してください。