第27章 Pacemaker を用いたマルチサイトクラスターの設定

クラスターが複数のサイトにまたがる場合は、サイト間のネットワーク接続の問題が原因でスプリットブレインが発生する可能性があります。接続が切断されたときに、別のサイトのノードで障害が発生したのか、またはサイト間の接続に失敗した状態で別サイトのノードが機能しているかどうかをノードが判断する方法がありません。さらに、同時を維持するには離れすぎている 2 つのサイト間で高可用性サービスを提供することが問題になることがあります。

この問題に対応するため、Pacemaker は、Booth クラスターチケットマネージャーを使用して、複数のサイトにまたがる高可用性クラスターを構成する機能を完全にサポートしています。

27.1. Booth クラスターチケットマネージャーの概要

Booth チケットマネージャー は、特定サイトのクラスターノードを接続するネットワークとは異なる物理ネットワークで実行することを目的とした分散サービスです。それは、サイトの通常のクラスターにある別のゆるいクラスターである Booth フォーメーション を生成します。この集約通信層は、個別の Booth チケットに対して合意ベースの決定プロセスを促進します。

Booth チケット は、Booth フォーメーションのシングルトンで、時間に依存する移動可能な承認の単位を表します。実行には特定のチケットを要求するようにリソースを設定できます。これにより、1 つまたは複数のチケットが付与されているサイトで、リソースは一度に 1 つのサイトでのみ実行されるようになります。

Booth フォーメーションは、複数のサイトで実行しているクラスターで構成され、元のクラスターがすべて独立しているオーバーレイクラスターと考えることができます。チケット付与の有無についてクラスターと通信するのは Booth サービスで、Pacemaker のチケット制約に基づいてクラスターでリソースを実行するかどうかを判断するのは Pacemaker です。これは、チケットマネージャーを使用する場合に、各クラスターが独自のリソースと共有リソースを実行できることを示しています。たとえば、リソース A、B、および C は 1 つのクラスターでのみ実行され、リソース D、E、および F は別のクラスターでのみ実行されるとします。リソース G および H は、チケットによって決定されたこの 2 つのクラスターのいずれかで実行されます。また、別のチケットにより、この 2 つのクラスターのいずれかで実行できるリソース J を追加することもできます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。