第26章 クラスターイベントのスクリプトの実行 (トリガー)

Pacemaker クラスターはイベント駆動型のシステムで、イベントはリソースやノードの障害、設定の変更、またはリソースの開始や停止になります。Pacemaker クラスターアラートを設定して、アラートエージェントによりクラスターイベントが発生したときに何らかの外部アクションを実行できます。アラートエージェントは、クラスターがリソースエージェントを呼び出してリソースの構成と操作を処理するのと同じ方法で呼び出す外部プログラムです。

クラスターは、環境変数を用いてイベントの情報をエージェントに渡します。エージェントは、E メールメッセージの送信、ログのファイルへの記録、監視システムの更新など、この情報を自由に使用できます。

  • Pacemaker は、デフォルトで /usr/share/pacemaker/alerts にインストールされるアラートエージェントのサンプルを複数提供します。これらのサンプルスクリプトは、コピーしてそのまま使用したり、目的に合わせて編集するテンプレートとして使用することもできます。対応する全属性は、サンプルエージェントのソースコードを参照してください。
  • サンプルアラートエージェントがニーズを満たしていない場合は、Pacemaker アラートを呼び出すアラートエージェントを作成できます。

26.1. サンプルアラートエージェントのインストールおよび設定

サンプルアラートエージェントの 1 つを使用するとき、スクリプトがニーズにあっていることを確認してください。サンプルエージェントは、特定のクラスター環境用のカスタムスクリプトを作成するためのテンプレートとして提供されます。Red Hat は、Pacemaker との通信にアラートエージェントスクリプトが使用するインターフェースをサポートしますが、カスタムエージェント自体にはサポートを提供していないことに注意してください。

サンプルアラートエージェントの 1 つ を使用するには、クラスターの各ノードにエージェントをインストールする必要があります。たとえば、次のコマンドは、alert_file.sh.sample スクリプトを alert_file.sh としてインストールします。

# install --mode=0755 /usr/share/pacemaker/alerts/alert_file.sh.sample /var/lib/pacemaker/alert_file.sh

スクリプトをインストールしたら、スクリプトを使用するアラートを作成できます。

以下の例では、インストールした alert_file.sh アラートエージェントを使用してイベントのログをファイルに記録するアラートを設定します。アラートエージェントは、最低限のパーミッションを持つ hacluster ユーザーとして実行します。

この例では、イベントの記録に使用するログファイル pcmk_alert_file.log を作成します。また、アラートエージェントを作成し、その受信先としてログファイルへのパスを追加します。

# touch /var/log/pcmk_alert_file.log
# chown hacluster:haclient /var/log/pcmk_alert_file.log
# chmod 600 /var/log/pcmk_alert_file.log
# pcs alert create id=alert_file description="Log events to a file." path=/var/lib/pacemaker/alert_file.sh
# pcs alert recipient add alert_file id=my-alert_logfile value=/var/log/pcmk_alert_file.log

以下の例では、alert_snmp.sh.sample スクリプトを alert_snmp.sh としてインストールし、インストールした alert_snmp.sh アラートエージェントを使用してクラスターイベントを NSMP トラップとして送信するアラートを設定します。デフォルトでは、正常な監視呼び出し以外のすべてのイベントを SNMP サーバーに送信します。この例では、タイムスタンプの形式をメタオプションとして設定します。この例では、アラートの設定後にアラートの受信側が設定され、アラート設定が表示されます。

# install --mode=0755 /usr/share/pacemaker/alerts/alert_snmp.sh.sample /var/lib/pacemaker/alert_snmp.sh
# pcs alert create id=snmp_alert path=/var/lib/pacemaker/alert_snmp.sh meta timestamp-format="%Y-%m-%d,%H:%M:%S.%01N"
# pcs alert recipient add snmp_alert value=192.168.1.2
# pcs alert
Alerts:
 Alert: snmp_alert (path=/var/lib/pacemaker/alert_snmp.sh)
  Meta options: timestamp-format=%Y-%m-%d,%H:%M:%S.%01N.
  Recipients:
   Recipient: snmp_alert-recipient (value=192.168.1.2)

以下の例は、alert_smtp.sh エージェントをインストールし、インストールしたアラートエージェントを使用するアラートを設定して、クラスターイベントを E メールメッセージとして送信します。この例では、アラートの設定後に受信側が設定され、アラート設定が表示されます。

# install --mode=0755 /usr/share/pacemaker/alerts/alert_smtp.sh.sample /var/lib/pacemaker/alert_smtp.sh
# pcs alert create id=smtp_alert path=/var/lib/pacemaker/alert_smtp.sh options email_sender=donotreply@example.com
# pcs alert recipient add smtp_alert value=admin@example.com
# pcs alert
Alerts:
 Alert: smtp_alert (path=/var/lib/pacemaker/alert_smtp.sh)
  Options: email_sender=donotreply@example.com
  Recipients:
   Recipient: smtp_alert-recipient (value=admin@example.com)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。