Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.3. 場所の制約方法の設定

場所の制約を使用する場合は、リソースをどのノードで実行できるかを指定する一般的な方法を設定できます。

  • オプトインクラスター - デフォルトでは、すべてのリソースを、どのノードでも実行できません。そして、特定のリソースに対してノードを選択的に許可できるようにクラスターを設定します。
  • オプトアウトクラスター - デフォルトでは、すべてのリソースをどのノードでも実行できるクラスターを設定してから、リソースを特定のノードで実行しないように、場所の制約を作成します。

クラスターでオプトインまたはオプトアウトのどちらを選択するかは、優先する設定やクラスターの構成により異なります。ほとんどのリソースをほとんどのノードで実行できるようにする場合は、オプトアウトを使用した方が設定しやすくなる可能性があります。ほとんどのリソースを、一部のノードでのみ実行する場合は、オプトインを使用した方が設定しやすくなる可能性があります。

11.3.1. 「オプトイン」クラスターの設定

オプトインクラスターを作成する場合は、クラスタープロパティー symmetric-clusterfalse に設定し、デフォルトでは、いずれのノードでもリソースの実行を許可しないようにします。

# pcs property set symmetric-cluster=false

個々のリソースでノードを有効にします。以下のコマンドは、場所の制約を設定し、Webserver リソースでは example-1 ノードが優先され、Database リソースでは example-2 ノードが優先されるようにし、いずれのリソースも優先ノードに障害が発生した場合は example-3 ノードにフェールオーバーできるようにします。オプトインクラスターに場所の制約を設定する場合は、スコアをゼロに設定すると、リソースに対してノードの優先や回避を指定せずに、リソースをノードで実行できます。

# pcs constraint location Webserver prefers example-1=200
# pcs constraint location Webserver prefers example-3=0
# pcs constraint location Database prefers example-2=200
# pcs constraint location Database prefers example-3=0