Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

27.7. クラスターアラートエージェントの作成

Pacemaker クラスターアラートには、ノードアラート、フェンスアラート、およびリソースアラートの 3 種類があります。アラートエージェントに渡される環境変数は、アラートのタイプによって異なります。以下の表は、アラートエージェントに渡される環境変数を示し、環境変数が特定のアラートタイプに関連付けられるタイミングを指定します。

表27.2 アラートエージェントに渡される環境変数

環境変数説明

CRM_alert_kind

アラートの種類 (ノード、フェンス、またはリソース)

CRM_alert_version

アラートを送信する Pacemaker のバージョン

CRM_alert_recipient

設定された送信側

CRM_alert_node_sequence

アラートがローカルノードで発行されるたびに増加するシーケンス番号。これは、Pacemaker によりアラートが発行された順序を参照するのに使用できます。後で発生したイベントのアラートは、先に発生したイベントのアラートよりもシーケンス番号が大きくなります。この番号は、クラスター全体を対象とする番号ではないことに注意してください。

CRM_alert_timestamp

timestamp-format メタオプションで指定された形式で、エージェントの実行前に作成されたタイムスタンプ。これにより、エージェントは、エージェント自体が呼び出されたタイミング (システムの負荷やその他の状況により遅延する可能性があります) に関係なく、信頼できる高精度のイベント発生時間を使用できます。

CRM_alert_node

影響を受けるノードの名前

CRM_alert_desc

イベントの詳細。ノードアラートの場合は、ノードの現在の状態 (番号または lost) になります。フェンスアラートの場合は、フェンス操作の要求元、ターゲット、フェンス操作のエラーコードなどを含む要求されたフェンス操作の概要になります。リソースアラートの場合は、CRM_alert_status と同等の読み取り可能な文字列になります。

CRM_alert_nodeid

状態が変更したノードの ID (ノードアラートの場合のみ提供)。

CRM_alert_task

要求されたフェンスまたはリソース操作 (フェンスおよびリソースアラートの場合のみ提供)。

CRM_alert_rc

フェンスまたはリソース操作の数値の戻りコード (フェンスおよびリソースアラートの場合のみ提供)。

CRM_alert_rsc

影響を受けるリソースの名前 (リソースアラートのみ)。

CRM_alert_interval

リソース操作の間隔 (リソースアラートのみ)

CRM_alert_target_rc

操作の予期される数値の戻りコード (リソースアラートのみ)。

CRM_alert_status

Pacemaker が、操作の結果を示すために使用する数値コード (リソースアラートのみ)。

アラートエージェントを記述する際は、以下を考慮する必要があります。

  • アラートエージェントは受信者なしで呼び出されることがあります (受信者が構成されていない場合)。したがって、エージェントは、このような状況では終了しかしない場合でも、この状態に対応できなければなりません。設定を段階的に変更し、後で受信側を追加することもできます。
  • 1 つのアラートに複数の受信側が設定されると、アラートエージェントは受信側ごとに 1 回呼び出されます。エージェントが同時に実行できない場合は、受信側を 1 つのみ設定する必要があります。エージェントは、受信側をリストとして解釈することができます。
  • クラスターイベントの発生時、すべてのアラートは別々のプロセスとして同時に発生します。設定されているアラートと受信者の数、およびアラートエージェント内で行われている内容に応じて、負荷が急激に増加する可能性があります。たとえば、リソースを大量に消費するアクションを直接実行するのではなく、別のインスタンスのキューに追加することで、これを考慮に入れるようにエージェントを作成できます。
  • アラートエージェントは、最低限のパーミッションを持つ hacluster ユーザーで実行します。アラートエージェントに追加のパーミッションが必要な場合は、適切な特権を持つ別のユーザーが、エージェントが必要なコマンドを実行できるように、sudo を設定することが推奨されます。
  • CRM_alert_timestamp (このコンテンツはユーザー設定の timestamp-format によって指定)、CRM_alert_recipient、すべてのアラートオプションなど、ユーザー設定のパラメーターを検証およびサニタイズする場合は十分注意してください。これは、設定エラーから保護するために必要です。また、クラスターノードへの hacluster レベルのアクセスがなくても CIB を変更できるユーザーが存在する場合は、セキュリティーの問題が発生する可能性もあり、コードを挿入できないようにする必要があります。
  • onfail パラメーターが fence に設定されている操作を持つリソースがクラスターに含まれる場合は、障害発生時に複数のフェンス通知 (このパラメーターが設定されているリソースごとに 1 つの通知と、追加の通知 1 つ) が送信されます。pacemaker-fenced および pacemaker-controld の両方が通知を送信します。この場合、送信される通知の数に関係なく、Pacemaker は 1 つのフェンス操作のみを実際に実行します。
注記

アラートインターフェースは、ocf:pacemaker:ClusterMon リソースで使用される外部スクリプトインターフェースと後方互換性を維持するよう設計されています。この互換性を維持するには、先頭に CRM_notify_ および CRM_alert_ が付けいたアラートエージェントに渡される環境変数を使用できます。互換性の問題の 1 つは、アラートエージェントが hacluster ユーザーで実行している最中に、ClusterMon リソースが root ユーザーで外部スクリプトを実行したことです。