Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

29.3. Pacemaker リモートノードの設定

リモートノードは、ocf:pacemaker:remote がリソースエージェントとして指定された状態で、クラスターリソースとして定義されます。pcs cluster node add-remote コマンドを使用してこのリソースを作成します。

29.3.1. リモートノードリソースのオプション

以下の表は、remote リソースに設定できるリソースオプションを示しています。

表29.2 リモートノードのリソースオプション

フィールドデフォルト説明

reconnect_interval

0

リモートノードへのアクティブな接続が切断された後、リモートノードへの再接続を試みる前に待機する時間 (秒単位)。この待機期間は繰り返し発生します。待機期間の後に再接続に失敗した場合、待機期間の後に、新しい再接続が試行されます。このオプションが使用されると、Pacemaker は待機期間の後に無限にリモートノードへ接続を試みます。

server

pcs host auth コマンドで指定されるアドレス

接続するサーバーの場所。IP アドレスまたはホスト名を指定できます。

port

 

接続する TCP ポート。