第8章 pcsd Web UI の使用

pcsd Web UI は、Pacemaker クラスターおよび Corosync クラスターを作成および設定するグラフィカルユーザーインターフェースです。

8.1. クラスターソフトウェアのインストール

以下の手順では、クラスターソフトウェアをインストールし、システムでクラスターの作成を構成するように設定します。

  1. クラスターの各ノードに、Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアパッケージと、使用可能なすべてのフェンスエージェントを、High Availability チャンネルからインストールします。

    # yum install pcs pacemaker fence-agents-all

    または、次のコマンドを実行して、Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアパッケージと、必要なフェンスエージェントのみをインストールすることもできます。

    # yum install pcs pacemaker fence-agents-model

    次のコマンドは、利用できるフェンスエージェントの一覧を表示します。

    # rpm -q -a | grep fence
    fence-agents-rhevm-4.0.2-3.el7.x86_64
    fence-agents-ilo-mp-4.0.2-3.el7.x86_64
    fence-agents-ipmilan-4.0.2-3.el7.x86_64
    ...
    警告

    Red Hat High Availability Add-On パッケージをインストールしたら、自動的に何もインストールされないように、ソフトウェア更新設定を行う必要があります。実行中のクラスターにインストールすると、予期しない動作が発生する可能性があります。詳細は「RHEL 高可用性またはレジリエントストレージクラスターにソフトウェアアップデートを適用するのに推奨されるプラクティス」を参照してください。

  2. firewalld デーモンを実行している場合は、次のコマンドを実行して、Red Hat High Availability Add-On で必要なポートを有効にします。

    注記

    firewalld デーモンがシステムにインストールされているかどうかを確認する場合は、rpm -q firewalld コマンドを実行します。firewalld デーモンがインストールされている場合は、firewall-cmd --state コマンドで、実行しているかどうかを確認できます。

    # firewall-cmd --permanent --add-service=high-availability
    # firewall-cmd --add-service=high-availability
    注記

    クラスターコンポーネントの理想的なファイアウォール設定は、ローカル環境によって異なります。ここでは、ノードに複数のネットワークインターフェースがあるかどうか、またはオフホストのファイアウォールがあるかどうかを検討しないといけない場合があります。この例では、Pacemaker クラスターで通常必要となるポートを開きますが、ローカル条件に合わせて変更する必要があります。「High Availability Add-On のポートの有効化」では、Red Hat High Availability Add-On で有効にするポートと、各ポートの使用目的を説明します。

  3. pcs を使用してクラスターの設定やノード間の通信を行うため、pcs の管理アカウントとなるユーザー ID hacluster のパスワードを各ノードに設定する必要があります。hacluster ユーザーのパスワードは、各ノードで同じにすることが推奨されます。

    # passwd hacluster
    Changing password for user hacluster.
    New password:
    Retype new password:
    passwd: all authentication tokens updated successfully.
  4. クラスターを設定する前に、各ノードで、システムの起動時に pcsd デーモンを起動できるように、デーモンを起動して有効にしておく必要があります。このデーモンは、pcs コマンドで動作し、クラスターのノード全体で設定を管理します。

    クラスターの各ノードで次のコマンドを実行して、システムの起動時に pcsd サービスが起動し、pcsd が有効になるように設定します。

    # systemctl start pcsd.service
    # systemctl enable pcsd.service

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。