第1章 High Availability Add-On の概要

High Availability Add-On は、基幹実稼働サービスに、信頼性、スケーラビリティー、および可用性を提供するクラスターシステムです。

クラスターは、連携してタスクを実行する 2 つ以上のコンピューター (ノード または メンバー と呼ばれています) を指します。クラスターを使用すると、可用性の高いサービスまたはリソースを提供できます。複数のマシンによr冗長性は、様々な障害から保護するために使用されます。

高可用性クラスターは、単一障害点を排除し、ノードが稼働しなくなった場合に、あるクラスターノードから別のクラスターノードにサービスをフェイルオーバーして、可用性が高いサービスを提供します。通常、高可用性クラスターのサービスは、(read-write でマウントされたファイルシステム経由で) データの読み取りや書き込みを行います。したがって、あるクラスターノードが別のクラスターノードからサービスの制御を引き継ぐ際に、高可能性クラスターでデータ整合性を維持する必要があります。高可用性クラスター内のノードの障害は、クラスター外にあるクライアントからは確認できません。また、高可用性クラスターはフェイルオーバークラスターと呼ばれることがあります。 High Availability Add-On は、高可用性サービス管理コンポーネントの Pacemaker を介して、高可用性クラスタリングを提供します。

1.1. High Availability Add-On コンポーネント

High Availability Add-On は、以下の主要なコンポーネントで構成されています。

  • クラスターインフラストラクチャー - クラスターとして連携するように、ノード群に基本的な機能 (設定ファイル管理、メンバーシップ管理、ロック管理、およびフェンシング) を提供します。
  • 高可用性サービス管理 - 1 つのクラスターノードが動作不能になった場合は、そのクラスターノードから別のノードにサービスのフェイルオーバーを提供します。
  • クラスター管理ツール - High Availability Add-On のセットアップ、設定、および管理を行うツール。このツールは、クラスターインフラストラクチャーのコンポーネント、高可用性およびサービス管理のコンポーネント、ならびにストレージで使用されます。

以下のコンポーネントで、High Availability Add-On を補完できます。

  • Red Hat GFS2 (Global File System 2) - Resilient Storage Add-On に同梱され、High Availability Add-On で使用するクラスターファイルシステムを提供します。GFS2 により、ストレージがローカルで各クラスターノードに接続されているかのように、ブロックレベルにおいて、複数ノードでストレージを共有できるようになります。GFS2 クラスターファイルシステムを使用する場合は、クラスターインフラストラクチャーが必要になります。
  • LVM ロッキングデーモン (lvmlockd) - Resilient Storage Add-On に同梱され、クラスターストレージのボリューム管理を提供します。lvmlockd に対応するには、クラスターインフラストラクチャーも必要になります。
  • Load Balancer Add-On - レイヤー 4 (TCP) およびレイヤー 7 (HTTP および HTTPS) サービスで高可用性負荷分散とフェイルオーバーを提供するルーティングソフトウェアです。Load Balancer Add-On は、負荷アルゴリズムを使用して、クライアント要求を実サーバーに分散する冗長な仮想ルーターのクラスターで実行し、まとまって仮想サーバーとして機能します。Load Balancer Add-On は、Pacemaker と併用する必要はありません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。