第3章 pcs コマンドラインインターフェース

pcs コマンドラインインターフェースを使用すると、corosyncpacemakerboothsbd などのクラスターサービスを制御し、設定を簡単に行うことができます。

cib.xml 設定ファイルは直接編集しないでください。ほとんどの場合、Pacemaker は、直接編集した cib.xml ファイルを受け付けません。

3.1. pcs help display

pcs コマンドで -h オプションを使用すると、pcs コマンドのパラメーターと、その説明が表示されます。たとえば、以下のコマンドは、pcs resource コマンドのパラメーターを表示します。出力の一部だけが表示されます。

# pcs resource -h

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。