第2章 統合 ActiveMQ Artemis メッセージングブローカー

2.1. ActiveMQ Artemis

Apache ActiveMQ Artemis は非同期メッセージングシステムのオープンソースプロジェクトです。高性能で、埋め込み可能であり、クラスター化されていて、複数のプロトコルをサポートします。JBoss EAP 7 は Apache ActiveMQ Artemis を JMS ブローカーとして使用し、messaging-activemq サブシステムを使用して設定されます。これは HornetQ ブローカーを完全に置き換えますが、JBoss EAP 6 とのプロトコル互換性を維持します。

コアの ActiveMQ Artemis は JMS に依存せず、コア API と呼ばれる非 JMS API を提供します。ActiveMQ Artemis は、ファサードレイヤーを使用してコア API 上で JMS セマンティクスを実装する JMS クライアント API も提供します。基本的に、JMS のやり取りは、JMS クライアント API を使用してクライアント側のコア API 操作に変換されます。そこから、コアクライアント API および Apache ActiveMQ Artemis の回線形式を使用してすべての操作を送信します。サーバー自体はコア API のみを使用します。コア API とその概念の詳細は、ActiveMQ Artemis のドキュメントを参照してください。