第6章 アドレス設定

messaging-activemq サブシステムには、メッセージを配信する方法とタイミング、試行すべき回数、メッセージの有効期限を制御するいくつかの設定可能なオプションがあります。これらの設定オプションはすべて、<address-setting> 設定要素内に存在します。ワイルドカード構文を使用して、単一の <address-setting> を複数の宛先に適用するよう JBoss EAP を設定できます。

6.1. ワイルドカード構文

ワイルドカードを使用すると、多数のシステムがアスタリスク記号 * を使用して単一のクエリーで複数のファイルまたは文字列を照合するのと同様に、単一のステートメントで類似したアドレスを照合できます。以下の表は、<address-setting> の定義に使用できる特殊文字のリストです。

表6.1 JMS ワイルドカード構文

文字説明

. (シングルピリオド)

ワイルドカード式で単語と単語の間を示す。

# (ポンドまたはハッシュ記号)

0 個以上の連続する単語に相当する。

* (アスタリスク)

1 つの単語に相当する。

以下の表の例は、ワイルドカードを使用してアドレスセットを照合する方法を示しています。

表6.2 JMS ワイルドカードの例

説明

news.europe.#

news.europenews.europe.sportnews.europe.politics.fr は一致するが、news.usaeurope は一致しない。

news.*

news.europenews.usa は一致するが、news.europe.sport は一致しない。

news.*.sport

news.europe.sportnews.usa.sport は一致するが、news.europe.fr.sport は一致しない。