第5章 ロギングの設定

org.apache. activemq の JBoss EAP logging サブシステムにログカテゴリーを追加し、希望のログレベルを設定して、messaging-activemq サブシステムのロギングを設定できます。カテゴリーのログハンドラーを設定して、ログメッセージの記録方法を設定することもできます。

XA トランザクションに関するログの詳細を見るには、com.arjuna カテゴリーのログレベルを、TRACEDEBUG などのより詳細な設定に変更します。

カテゴリーや他のオプションの設定など、ロギングの詳細は、JBoss EAP 『設定ガイド』の「ロギング」のセクションを参照してください。

表5.1 ロギングカテゴリー

ログの対象使用するカテゴリー

XA トランザクション

com.arjuna

すべてのメッセージングアクティビティー

org.apache.activemq

メッセージングジャーナル呼び出しのみ

org.apache.activemq.artemis.journal

JMS 呼び出しのみ

org.apache.activemq.artemis.jms

メッセージングユーティリティ呼び出しのみ

org.apache.activemq.artemis.utils

メッセージングコアサーバーのみ

org.apache.activemq.artemis.core.server

ロギング用のクライアントの設定

以下の手順を実施してメッセージングクライアントを設定します。

  1. JBoss JMS クライアントおよびログマネージャーに依存関係をダウンロードします。

    Maven を使用している場合は、以下の依存関係を pom.xml ファイルに追加します。

    <dependencies>
      ...
      <dependency>
         <groupId>org.jboss.logmanager</groupId>
         <artifactId>jboss-logmanager</artifactId>
         <version>1.5.3.Final</version>
      </dependency>
      <dependency>
          <groupId>org.jboss.eap</groupId>
          <artifactId>wildfly-jms-client-bom</artifactId>
          <type>pom</type>
      </dependency>
      ...
    </dependencies>

    詳細は、JBoss EAP 『開発ガイド』の「JBoss EAP での Maven の使用」を参照してください。

  2. ロガーのプロパティーファイルを作成します。logging.properties という名前を設定して、既知の場所に保存します。以下は、プロパティーファイルの例です。クライアント側のロギングオプションの設定に関する詳細は、JBoss EAP 『開発ガイド』の「ロギング」のセクションを参照してください。

    # Root logger option
    loggers=org.jboss.logging,org.apache.activemq.artemis.core.server,org.apache.activemq.artemis.utils,org.apache.activemq.artemis.journal,org.apache.activemq.artemis.jms,org.apache.activemq.artemis.ra
    
    # Root logger level
    logger.level=INFO
    # Apache ActiveMQ Artemis logger levels
    logger.org.apache.activemq.artemis.jms.level=INFO
    logger.org.apache.activemq.artemis.journal.level=INFO
    logger.org.apache.activemq.artemis.utils.level=INFO
    logger.org.apache.activemq.artemis.core.server.level=INFO
    
    # Root logger handlers
    logger.handlers=FILE
    
    # File handler configuration
    handler.FILE=org.jboss.logmanager.handlers.FileHandler
    handler.FILE.level=FINE
    handler.FILE.properties=autoFlush,fileName
    handler.FILE.autoFlush=true
    handler.FILE.fileName=activemq.log
    handler.FILE.formatter=PATTERN
    
    # Formatter pattern configuration
    formatter.PATTERN=org.jboss.logmanager.formatters.PatternFormatter
    formatter.PATTERN.properties=pattern
    formatter.PATTERN.pattern=%d{HH:mm:ss,SSS} %-5p [%c] %s%E%n
  3. 想定パラメーターを使用してクライアントを起動します。java コマンドを使用してクライアントコードを起動するには、以下のパラメーターを追加します。

    1. JBoss クライアントおよびロガー JAR をクラスパスに追加します。

      -cp /PATH/TO/jboss-client.jar:/PATH/TO/jboss-logmanager.jar
    2. JBoss ロギングマネージャーを有効にします。

      -Djava.util.logging.manager=org.jboss.logmanager.LogManager
    3. ロギングプロパティーファイルの場所を設定します。

      -Dlogging.configuration=/PATH/TO/logging.properties

    クライアントを起動する full コマンドは以下の例のようになります。

$ java -Djava.util.logging.manager=org.jboss.logmanager.LogManager -Dlogging.configuration=/PATH/TO/logging.properties -cp /PATH/TO/jboss-client.jar:/PATH/TO/jboss-logmanager.jar org.example.MyClient