29.6. メッセージングクラスターの起動と停止

JBoss EAP 7.3 サーバーを設定して ActiveMQ Artemis クラスターを形成する場合は、実行中のクラスター化サーバーに接続されているその他のサーバーとクライアントが存在する可能性があります。接続されているクライアントおよびサーバーを最初にシャットダウンしてから、クラスター内で実行している JBoss EAP 7.3 サーバーをシャットダウンすることが推奨されます。これは順番に行う必要があり、サーバーがすべての接続を切断するのに十分な時間を設け、切断の際に、一貫性のない状態につながる可能性のある障害が発生するのを回避するためにも、並行して行ってはいけません。ActiveMQ Artemis はクラスターノードの自動スケールダウンに対応しておらず、すべてのクラスターノードが再起動されることを想定しています。

サーバーを起動するときにも同じことが当てはまります。ActiveMQ Artemis クラスターの JBoss EAP 7.3 サーバーを最初に起動する必要があります。起動が完了すれば、そのクラスターに接続する他のサーバーおよびクライアントを起動できます。