A.4. コアブリッジの属性

表A.4 コアブリッジの属性

属性説明

check-period

クライアント障害チェックの間隔 (ミリ秒単位)。

confirmation-window-size

メッセージのターゲットノードへの転送に使用される接続に使用するサイズ。

connection-ttl

ハートビートがない場合に、ブリッジで使用される接続が動作していると見なされる最大時間 (ミリ秒単位)。

credential-reference

ブリッジを認証するための、クレデンシャルストアの認証情報。

discovery-group

このブリッジによって使用される検出グループの名前。この属性は、static-connectors が定義されている場合は設定できません。

filter

オプションのフィルター文字列。指定した場合、指定したフィルター式に一致するメッセージのみが転送されます。

forwarding-address

メッセージが転送されるターゲットサーバーのアドレス。転送アドレスを指定しない場合は、メッセージの元の宛先が保持されます。

ha

このブリッジが高可用性をサポートするべきかどうか。true の場合、クラスターの利用可能なサーバーに接続し、フェイルオーバーをサポートします。デフォルト値は false です。

initial-connect-attempts

最初にこのブリッジで接続を試みる回数。

max-retry-interval

接続を再試行するために使用される最大間隔。

min-large-message-size

このサイズ (バイト単位) 以上のメッセージが、大きいメッセージと見なされます。

password

リモートサーバーへのブリッジ接続の作成時に使用するパスワード。これを指定しない場合、messaging-activemq サブシステムの cluster-password 属性によって指定されたデフォルトのクラスターパスワードが使用されます。

cluster-credential-reference

クラスターへの認証に使用されるクレデンシャルストア参照。これは、password の代わりに使用できます。

queue-name

ブリッジが消費するローカルキューの一意の名前。このキューは、起動時にブリッジがインスタンス化されるときにはすでに存在している必要があります。

reconnect-attempts

断念してシャットダウンするまでにブリッジが行う再接続試行の総回数。デフォルト値は -1 で、無制限の試行回数を示します。

reconnect-attempts-on-same-node

断念してシャットダウンするまでにブリッジが同じノード上で行う再接続試行の総回数。-1 の値は、無制限の試行回数を示します。デフォルトは 10 です。

retry-interval

ターゲットサーバーへの接続に失敗した場合の後続の再接続試行の間隔 (ミリ秒単位)。

retry-interval-multiplier

最後の再試行から次の再試行までの時間を計算するために時間に適用する乗数。これにより、再試行の間隔に指数バックオフを実装することができます。

static-connectors

このブリッジによって使用される静的に定義されたコネクターの一覧。discovery-group が定義されている場合、この属性は設定できません。

transformer-class-name

org.apache.activemq.artemis.core.server.cluster.Transformer インターフェースを実装するユーザー定義クラスの名前。

use-duplicate-detection

ブリッジが、転送する各メッセージに重複 ID プロパティーを自動的に挿入するかどうか。

user

リモートサーバーへのブリッジ接続の作成時に使用するユーザー名。指定しない場合、messaging-activemq サブシステムの cluster-user 属性に指定されたデフォルトのクラスターユーザーが使用されます。