A.3. プールされた接続ファクトリーの属性

表A.3 プールされた接続ファクトリーの属性

属性説明

allow-local-transactions

アウトバウンド JMS セッションにローカルトランザクションを許可するかどうか。

true に設定すると、JMS プロデューサーが以下の状況でメッセージを送信できます。

  • トランザクションセッションのサーブレットから。
  • トランザクションタイプ属性が NOT_SUPPORTED に設定されたトランザクションセッションの MDB から。

この属性は、明示的に禁止する JMSContext には適用されません。

auto-group

メッセージのグループ化が自動的に使用されるかどうか。

block-on-acknowledge

確認応答時にブロックするかどうか。

block-on-durable-send

永続送信時にブロックするかどうか。

block-on-non-durable-send

非永続送信時にブロックするかどうか。

cache-large-message-client

大きいメッセージをキャッシュするかどうか。

call-failover-timeout

フェイルオーバーの処理時に使用するタイムアウト (ミリ秒単位)。

call-timeout

呼び出しのタイムアウト (ミリ秒単位)。

client-failure-check-period

クライアント障害チェックの間隔 (ミリ秒単位)。

client-id

クライアント ID。

compress-large-messages

大きいメッセージを圧縮すべきかどうか。

confirmation-window-size

確認ウィンドウサイズ (バイト単位)。

connection-load-balancing-policy-class-name

クライアントがクラスター内の異なるノード間でセッションをロードバランシングするために使用できるクライアント側のロードバランシングポリシーを実装するクラスの名前。

connection-ttl

接続 Time-to-Live (ミリ秒単位)。

connectors

コネクターを定義します。これは、コネクター名 (未定義値を含む) でマップに保存されます。この属性を書き込むとき、コネクター名のリストを渡すことが可能です。

consumer-max-rate

コンシューマーの 1 秒あたりの最大大レート。

consumer-window-size

コンシューマーウィンドウサイズ (バイト単位)。

credential-reference

プールされた接続ファクトリーを認証するための、クレデンシャルストアの認証情報。

deserialization-black-list

デシリアライズが許可されないクラスまたはパッケージのリストを定義します。

deserialization-white-list

デシリアライズが許可されるクラスまたはパッケージのリストを定義します。

discovery-group

検出グループ名。

dups-ok-batch-size

重複 OK のバッチサイズ。

enable-amq1-prefix

JMS 宛先名で接頭辞を含めるかどうかを指定します。値が false の場合、接頭辞は含まれません。

enlistment-trace

IronJacamar で、このプールされた接続ファクトリーのエンリストメントトレースを記録できるようにします。この属性はデフォルトでは定義されず、ironjacamar.disable_enlistment_trace システムプロパティーが存在することで動作が実行されます。

entries

接続ファクトリーがバインドされる必要がある JNDI 名。

failover-on-initial-connection

初期接続でフェイルオーバーするかどうか。

group-id

グループ ID。

ha

接続ファクトリーが高可用性に対応しているかどうか。

initial-connect-attempts

最初にこのファクトリーで接続を試行する回数。

initial-message-packet-size

このファクトリーから作成されるメッセージの初期サイズ。

jndi-params

受信接続の宛先を見つけるために使用する JNDI パラメーター。

managed-connection-pool

このプールされた接続ファクトリーによって使用される管理対象の接続プールのクラス名。

max-pool-size

プールの最大サイズ。

max-retry-interval

最大再試行間隔 (ミリ秒単位)。

min-large-message-size

大きいメッセージの最小サイズ (バイト単位)。

min-pool-size

プールの最小サイズ。

password

この接続ファクトリーで使用するデフォルトのパスワード。これは、接続ファクトリーをリモートホストへポイントする場合にのみ必要です。

pre-acknowledge

事前確認応答を行うかどうか。

producer-max-rate

プロデューサーの 1 秒あたりの最大レート。

producer-window-size

プロデューサーウィンドウサイズ (バイト単位)。

protocol-manager-factory

このプールされた接続ファクトリーによって使用されるプロトコルマネージャーファクトリー。

reconnect-attempts

再接続試行回数。デフォルトで、プールされた接続ファクトリーは、メッセージングサーバーに無限に再接続を試みます。

retry-interval

再試行の間隔 (ミリ秒単位)。

retry-interval-multiplier

再試行間隔の乗数。

scheduled-thread-pool-max-size

スケジュールスレッドプールの最大サイズ。

setup-attempts

MDB エンドポイントを設定する回数。

setup-interval

MDB エンドポイントの設定を試みる間隔 (ミリ秒単位)。

statistics-enabled

ランタイム統計が有効になっているかどうか。

thread-pool-max-size

スレッドプールの最大サイズ。

transaction

トランザクションモード。

transaction-batch-size

トランザクションのバッチサイズ。

use-auto-recovery

自動リカバリーを使用するかどうか。

use-global-pools

グローバルプールを使用するかどうか。

use-jndi

JNDI を使用して、受信接続の宛先を見つけます。

use-local-tx

受信セッションにローカルトランザクションを使用します。

use-topology-for-load-balancing

メッセージングクライアントがクラスタートポロジーを使用してクラスターに接続するか、またはすべての接続に初期コネクターを使用するかどうかを指定します。

user

この接続ファクトリーで使用するデフォルトのユーザー名。これは、接続ファクトリーをリモートホストへポイントする場合にのみ必要です。