A.5. JMS ブリッジの属性

表A.5 JMS ブリッジの属性

属性説明

add-messageID-in-header

これを true に設定すると、元のメッセージのメッセージ ID が、ヘッダー AMQ_BRIDGE_MSG_ID_LIST 内の宛先に送信されるメッセージに付加されます。メッセージが複数回ブリッジされる場合は、毎回メッセージ ID が付加されます。

client-id

永続性があり、ソース宛先がトピックである場合は、サブスクリプションを作成し、検索する際に使用する JMS クライアント ID。

failure-retry-interval

ブリッジで障害が発生したことを検出したときに、ソースサーバーまたはターゲットサーバーへの接続の再作成を試行するまで待機する時間 (ミリ秒単位)。

max-batch-size

バッチでターゲット宛先に送信するまでソース宛先から消費するメッセージの最大数。値は 1 以上である必要があります。

max-batch-time

消費されたメッセージの数が max-batch-size に達していない場合を含め、メッセージのバッチをターゲットに送信するまで待機する最大時間 (ミリ秒単位)。-1 を値として指定すると、永久に待機します。

max-retries

ブリッジで障害が発生したことを検出したときに、ソースサーバーまたはターゲットサーバーへの接続の再作成を試行する回数。ブリッジは、この回数を試行した後に試行を断念します。-1 を値として指定すると、永久に試行します。

module

ソースおよびターゲット JMS リソースを検索するのに必要なリソースが含まれる JBoss EAP モジュールの名前。

paused

JMS ブリッジが一時停止されているかどうかを報告する読み取り専用プロパティー。

quality-of-service

望ましいサービス品質モード。使用できる値は、AT_MOST_ONCEDUPLICATES_OK、または ONCE_AND_ONLY_ONCE です。さまざまなモードの詳細は、「サービス品質」を参照してください。

selector

ソース宛先からのメッセージ消費に使用される JMS セレクターの式。セレクターの式に一致するメッセージのみがソースからターゲット宛先にブリッジされます。

subscription-name

永続性があり、ソース宛先がトピックである場合のサブスクリプションの名前。

source-connection-factory

ソースメッセージングサーバーで検索するソース接続ファクトリーの名前。

source-context

ソース JNDI 初期コンテキストの設定に使用されるプロパティー。

source-credential-reference

ソース接続の認証に使用されるクレデンシャルストア参照。これは source-password の代わりに使用できます。

source-destination

ソースメッセージングサーバーで検索するソース宛先の名前。

source-password

ソース接続を作成するためのパスワード。

source-user

ソース接続を作成するためのユーザーの名前。

target-connection-factory

ターゲットメッセージングサーバーで検索するターゲット接続ファクトリーの名前。

target-context

ターゲット JNDI 初期コンテキストを設定するために使用されるプロパティー。

target-credential-reference

ターゲット接続の認証に使用されるクレデンシャルストア参照。これは、target-password の代わりに使用できます。

target-destination

ターゲットメッセージングサーバーで検索するターゲット宛先の名前。

target-password

ターゲット接続を作成するためのパスワード。

target-user

ターゲット接続を作成するためのユーザーの名前。