第4章 メッセージング宛先の設定

注記

メッセージング宛先を設定するには、JBoss EAP でメッセージングを有効にする必要があります。この機能は、standalone-full.xml または standalone-full-ha.xml 設定ファイルで実行する際にデフォルトで有効になります。domain.xml 設定ファイルでは、メッセージングも有効になっています。

4.1. キューの追加

JMS キューを追加するには、管理 CLI から次の jms-queue コマンドを使用します。

jms-queue add --queue-address=myQueue --entries=[queue/myQueue jms/queue/myQueue java:jboss/exported/jms/queue/myQueue]

entries 属性は、複数の JNDI 名が単一スペースで区切られたリストであることに注意してください。JNDI 名のリストが角括弧 [] を使用して囲んであることにも留意します。queue-address はルーティング設定を提供し、entries はクライアントがキューを検索するために使用できる JNDI 名のリストを提供します。

キューの属性の読み取り

管理 CLI で jms-queue コマンドを使用してキュー の設定を読み取ることができます。

jms-queue read-resource --queue-address=myQueue

または、管理 CLI を使用して messaging-activemq サブシステムにアクセスすることで、キューの設定を読み取ることもできます。

/subsystem=messaging-activemq/server=default/jms-queue=myQueue:read-resource()
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "durable" => true,
        "entries" => ["queue/myQueue jms/queue/myQueue java:jboss/exported/jms/queue/myQueue"],
        "legacy-entries" => undefined,
        "selector" => undefined
    }
}

jms-queue の属性

管理 CLI は、以下のコマンドを実行すると、jms-queue 設定要素のすべての属性を表示します。

/subsystem=messaging-activemq/server=default/jms-queue=*:read-resource-description()

以下の表は、jms-queue のすべての属性を示します。

属性説明

consumer-count

このキューからメッセージを消費するコンシューマーの数。ランタイム時に利用可能です。

dead-letter-address

デッドメッセージの送信先アドレス。詳細は、「デッドレターアドレスの設定」を参照してください。

deliverying-count

このキューが現在コンシューマーに配信しているメッセージの数。ランタイム時に利用可能です。

durable

キューが永続化されているかどうか。永続的なサブスクリプション の詳細については、「メッセージングスタイル」を参照してください。

entries

キューがバインドされる JNDI 名のリスト。必須。

expiry-address

期限切れのメッセージを受信するアドレス。詳細は、「メッセージ有効期限の設定」を参照してください。

legacy-entries

キューがバインドされる JNDI 名。

message-count

このキューに現在あるメッセージの数。ランタイム時に利用可能です。

message-added

作成以降、このキューに追加されたメッセージの数。ランタイム時に利用可能です。

paused

キューが一時停止されているかどうか。ランタイム時に利用可能です。

queue-address

ルーティングメッセージに使用されるアドレスを定義するキューアドレス。アドレス設定 の詳細は、「アドレス設定の設定」を参照してください。必須。

scheduled-count

このキューにスケジュールされているメッセージの数。ランタイム時に利用可能です。

selector

キューセレクター。セレクターの詳細は、「フィルター式とメッセージセレクター」を参照してください。

temporary

キューが一時的であるかどうか。詳細は、「一時キューとランタイムキュー」を参照してください。