33.4. キューのメッセージカウンターと履歴の表示

以下の管理 CLI 操作を使用して、キューのメッセージカウンターとメッセージカウンター履歴を表示できます。

  • list-message-counter-as-json
  • list-message-counter-as-html
  • list-message-counter-history-as-json
  • list-message-counter-history-as-html

これらの値の表示に使用する管理 CLI コマンドは、以下の構文を使用します。QUEUE_NAMEOPERATION_NAME は、使用するキュー名と操作に置き換えてください。

/subsystem=messaging-activemq/server=default/jms-queue=QUEUE_NAME:OPERATION_NAME

たとえば、以下のコマンドを使用して、JSON 形式で TestQueue キューのメッセージカウンターを表示します。

/subsystem=messaging-activemq/server=default/jms-queue=TestQueue:list-message-counter-as-json
{
    "outcome" => "success",
    "result" => "{\"destinationName\":\"TestQueue\",\"destinationSubscription\":null,\"destinationDurable\":true,\"count\":0,\"countDelta\":0,\"messageCount\":0,\"messageCountDelta\":0,\"lastAddTimestamp\":\"12/31/69 7:00:00 PM\",\"updateTimestamp\":\"2/20/18 2:24:05 PM\"}"
}