31.8. リソースアノテーションの使用

@Resource アノテーションを使用すると、Jakarta Enterprise Beans は Jakarta Messaging リソースまたは接続ファクトリーを直接挿入できます。@Resource アノテーションを使用して以下のパラメーターを指定できます。

  • lookup
  • name
  • mappedName

リソースを挿入するには、これらのいずれかのパラメーターにリソースの Java Naming and Directory Interface (JNDI) 名を指定する必要があります。

31.8.1. Jakarta メッセージングリソースの挿入

  1. 以下に示すようにキューを定義します。

    <jms-queue name="OutQueue" entries="jms/queue/OutQueue java:jboss/exported/jms/queue/OutQueue"/>
  2. このキューは、@Resource アノテーションの lookupname、または mappedName パラメーターに Java Naming and Directory Interface 名を指定して挿入します。例を以下に示します。

    @Resource(lookup = "java:jboss/exported/jms/queue/OutQueue")
    public Queue myOutQueue;