第33章 メッセージング統計の監視

messaging-activemq サブシステムのメッセージングサーバーの統計収集が有効になっている場合、メッセージングサーバーのリソースに関するランタイム統計を表示できます。

33.1. メッセージング統計の有効化

パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があるため、messaging-activemq サブシステムの統計収集はデフォルトで有効になっていません。キューのメッセージ数やキューに追加されたメッセージ数など、基本情報を取得するためにキュー統計を有効にする必要はありません。これらの統計は、statistics-enabledtrue に設定しなくてもキュー属性を使用して利用できます。

追加の統計収集は、管理 CLI または管理コンソールを使用して有効にできます。

管理 CLI を使用したメッセージング統計の有効化

以下の管理 CLI コマンドは、default メッセージングサーバーの統計の収集を有効にします。

/subsystem=messaging-activemq/server=default:write-attribute(name=statistics-enabled,value=true)

プールされた接続ファクトリーの統計は、他のメッセージングサーバー統計とは別に有効になります。以下のコマンドを使用して、プールされた接続ファクトリーの統計を有効にします。

/subsystem=messaging-activemq/server=default/pooled-connection-factory=activemq-ra:write-attribute(name=statistics-enabled,value=true)

変更を反映するためにサーバーをリロードします。

管理コンソールを使用したメッセージング統計の有効化

管理コンソールを使用してメッセージングサーバーの統計収集を有効にするには、以下の手順に従います。

  1. 設定サブシステムMessaging (ActiveMQ)サーバーに移動します。
  2. サーバーを選択し、表示をクリックします。
  3. 統計タブの下の編集をクリックします。
  4. Statistics Enabled フィールドを ON に設定し、保存をクリックします。

プールされた接続ファクトリーの統計は、他のメッセージングサーバー統計とは別に有効になります。プールされた接続ファクトリーの統計収集を有効にするには、以下の手順に従います。

  1. 設定サブシステムMessaging (ActiveMQ)サーバーに移動します。
  2. サーバーを選択し、接続を選択し、表示をクリックします。
  3. Pooled Connection Factory タブを選択します。
  4. プールされた接続ファクトリーを選択し、属性タブで 編集をクリックします。
  5. Statistics Enabled フィールドを ON に設定し、保存をクリックします。
  6. 変更を反映するためにサーバーをリロードします。