Menu Close

第10章 RHEL for Edge イメージの管理

RHEL for Edge イメージを管理するために、以下のいずれかの管理タスクを実行することができます。

  • RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した RHEL for Edge イメージの Blueprint の編集
  • Image Builder コマンドラインを使用した RHEL for Edge イメージの Blueprint の編集
  • RHEL for Edge イメージの更新
  • rpm-ostree リモートをノードに設定/ノードポリシーの更新
  • RHEL for Edge イメージの手動での復元、または Greenboot を使用した自動的な復元

10.1. RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した RHEL for Edge イメージの Blueprint の編集

RHEL for Edge イメージの Blueprint を編集して、以下を実行することができます。

  • 必要に応じた追加コンポーネントの追加
  • 既存コンポーネントのバージョンの変更
  • 既存コンポーネントの削除

10.1.1. RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した RHEL for Edge イメージの Blueprint へのコンポーネントの追加

RHEL for Edge イメージの Blueprint にコンポーネントを追加するには、以下の前提条件を満たしていることを確認してから、対応する Blueprint を編集する手順に従ってください。

前提条件

  • RHEL システムで、Image Builder ダッシュボードにアクセス済みである。
  • RHEL for Edge イメージの Blueprint を作成済みである。

手順

  1. Image Builder のダッシュボードで、編集したい RHEL for Edge イメージの Blueprint をクリックします。

    特定の Blueprint を検索するには、Filter by Name のテキストボックスに Blueprint 名を入力してから Enter キーを押します。

  2. Blueprint の右上で、Edit Packages をクリックします。

    画面が Edit Packages モードに切り替わります。

  3. Filter by Name のテキストボックスに、追加するコンポーネント名を入力してから Enter キーを押します。

    コンポーネント名の一覧が表示されます。

  4. コンポーネントの横の + 記号をクリックします。

    Blueprint にコンポーネントが追加されます。

  5. Commit をクリックします。

    Blueprint の更新が保存され、保留中のコミットと共にメッセージが表示されます。

  6. サマリーダイアログボックスで、変更内容を確認してから Commit をクリックします。

    コミットが正常に実行されたことを確認するメッセージが表示されます。

    これにより、新しいバージョンの Blueprint が作成され、右ペインに最新のコンポーネントが一覧表示されます。

10.1.2. RHEL Web コンソールを使用した RHEL for Edge イメージの Blueprint 内の既存コンポーネントのバージョンの変更

デフォルト (最新) のバージョンを選択したか、あるいは Blueprint に含めたコンポーネントのバージョンを選択しました。必要に応じて、任意のコンポーネントのバージョンを変更できるようになりました。

そのためには、以下の前提条件を満たしていることを確認してから、対応する Blueprint のコンポーネントのバージョンを変更する手順に従ってください。

前提条件

  • RHEL システムで、Image Builder ダッシュボードにアクセス済みである。
  • RHEL for Edge イメージの Blueprint を作成済みである。
  • RHEL for Edge の Blueprint に 1 つ以上のコンポーネントを追加済みである。

手順

  1. Image Builder のダッシュボードで、編集する Blueprint をクリックします。

    特定の Blueprint を検索するには、Filter by Name のテキストボックスに Blueprint 名を入力してから Enter キーを押します。

  2. Blueprint の右上で、Edit Packages をクリックします。

    画面が Edit Packages モードに切り替わり、右側のパネルには、現在 Blueprint にコミットされているコンポーネント名が一覧表示されます。

  3. コンポーネント名をクリックします。
  4. Component Options Version のドロップダウンリストから希望のバージョンを選択します。
  5. Apply Changes をクリックします。

    変更が保存され、右ペインには最新の変更が一覧表示されます。

  6. Commit をクリックします。

    新しいバージョンは Blueprint に保存されています。保留中のコミットを示すメッセージが表示されます。

  7. サマリーダイアログボックスで、変更内容を確認してから Commit をクリックします。

    コミットが正常に実行されたことを確認するメッセージが表示されます。

    その結果、Blueprint の新しいバージョンが作成され、右側のペインには最新のコンポーネントが表示されます。

10.1.3. RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した RHEL for Edge イメージの Blueprint からのコンポーネントの削除

作成した RHEL for Edge イメージの Blueprint から不要なコンポーネントを 1 つ以上削除するには、以下の前提条件を満たしていることを確認してから、手順に従ってください。

前提条件

  • RHEL システムで、Image Builder ダッシュボードにアクセス済みである。
  • RHEL for Edge イメージの Blueprint を作成済みである。
  • RHEL for Edge の Blueprint に 1 つ以上のコンポーネントを追加済みである。

手順

  1. Image Builder のダッシュボードで、編集する Blueprint をクリックします。

    特定の Blueprint を検索するには、Filter by Name のテキストボックスに Blueprint 名を入力してから Enter キーを押します。

  2. Blueprint の右上で、Edit Packages をクリックします。

    画面が Edit Packages モードに切り替わります。右側のパネルには、現在 Blueprint にコミットされているコンポーネント名が一覧表示されます。

  3. More Options メニューの Remove をクリックします。

    オプションで、コンポーネント名をクリックしてから Remove をクリックします。

  4. Commit をクリックします。

    保留中のコミットを示すメッセージが表示されます。

  5. 変更内容を確認してから、Commit をクリックします。

    コミットが正常に実行されたことを確認するメッセージが表示されます。

    これにより、新しいバージョンの Blueprint が作成され、右ペインに最新のコンポーネントが一覧表示されます。

10.1.4. コマンドラインインターフェースを使用した RHEL for Edge イメージの Blueprint の編集

Image Builder のコマンドラインを使用して、RHEL for Edge イメージの Blueprint の仕様を変更することができます。そのためには、以下の前提条件を満たしていることを確認してから、手順に従って対応する Blueprint を編集してください。

前提条件

  • Image Builder のコマンドラインへアクセスできる。
  • RHEL for Edge イメージの Blueprint を作成済みである。

手順

  1. ローカルのテキストファイルに Blueprint を保存 (エクスポート) します。

    # composer-cli blueprints save BLUEPRINT-NAME
  2. 選択したテキストエディターで BLUEPRINT-NAME.toml ファイルを編集し、変更を加えます。

    編集を終了する前に、ファイルが有効な Blueprint であることを確認してください。

  3. バージョン番号を大きくしてください。

    Semantic Versioning スキームを使用していることを確認してください。

    注記

    バージョンを変更しない場合、バージョンのパッチコンポーネントが自動的に増えます。

  4. コンテンツが有効な TOML 仕様かどうかを確認します。詳細は、TOML のドキュメントを参照してください。

    注記

    TOML のドキュメントはコミュニティーが提供しているため、Red Hat のサポート対象外となります。このツールの問題は、https://github.com/toml-lang/toml/issues から報告できます。

  5. ファイルを保存してエディターを閉じます。
  6. Blueprint を Image Builder のコマンドラインにプッシュ (インポート) します。

    # composer-cli blueprints push BLUEPRINT-NAME.toml
    注記

    Blueprint を Image Builder のコマンドラインにプッシュしなおす場合は、.toml の拡張子を含めてファイル名を指定します。

  7. Image Builder にアップロードしたコンテンツが、編集したものと一致していることを確認します。

    # composer-cli blueprints show BLUEPRINT-NAME
  8. Blueprint に記載されているコンポーネントおよびバージョンと、その依存関係が有効かどうかを確認します。

    # composer-cli blueprints depsolve BLUEPRINT-NAME