9.3. VMDK イメージのアップロードと vSphere での RHEL 仮想マシンの作成

govc import.vmdk CLI ツールを使用して .vmdk イメージを VMware vSphere にアップロードし、仮想マシンでイメージを起動します。

前提条件

  • RHEL Image Builder を使用して .vmdk イメージを作成し、それをホストシステムにダウンロードしている。
  • CLI ツール govc import.vmdk をインストールしている。
  • CLI ツールクライアント govc import.vmdk を設定している。

    • 環境で次の値を設定する必要があります。

      GOVC_URL
      GOVC_DATACENTER
      GOVC_FOLDER
      GOVC_DATASTORE
      GOVC_RESOURCE_POOL
      GOVC_NETWORK

手順

  1. .vmdk イメージをダウンロードしたディレクトリーに移動します。
  2. 次の手順を実行して、vSphere でイメージを起動します。

    1. .vmdk イメージを vSphere にインポートします。

      $ govc import.vmdk ./composer-api.vmdk foldername
    2. 電源をオンにせずに vSphere に仮想マシンを作成します。

      govc vm.create \
      -net="VM Network" -net.adapter=vmxnet3 \
      -disk.controller=pvscsi -on=false \
      -m=4096 -c=2 -g=rhel9_64Guest \
      -firmware=efi vm_name govc vm.disk.attach \
      -disk=”foldername/composer-api.vmdk” govc vm.power -on\
      -vm vm_name -link=false \
       vm_name
    3. 仮想マシンの電源をオンにします。

      govc vm.power -on vmname
    4. 仮想マシンの IP アドレスを取得します。

      HOST=$(govc vm.ip vmname)
    5. ブループリントで指定したユーザー名とパスワードで、SSH を使用して、仮想マシンにログインします。

      $ ssh admin@HOST