Menu Close

1.3. ネットワークベース以外のデプロイメント

Image Builder を使用して、要件に沿った柔軟な RHEL rpm-ostree イメージを作成し、Anaconda を使用してお使いの環境にデプロイします。

composer-cli ツールのコマンドラインインターフェース経由で Image Builder にアクセスするか、または RHEL 8 Web コンソールのグラフィカルユーザーインターフェースを使用することができます。

ネットワークベース以外のデプロイメントに RHEL for Edge イメージを作成し、デプロイするには、以下の概要手順を実施します。

  1. RHEL システムをインストールおよび登録する
  2. Image Builder をインストールする
  3. Image Builder を使用して RHEL for Edge Containerイメージのカスタム Blueprint を作成する
  4. RHEL for Edge の Blueprint を Image Builder にインポートする
  5. OSTree リポジトリーとしてコミットをデプロイする準備が整った Web サーバーで、OCI コンテナーに組み込む RHEL for Edge イメージを作成する
  6. RHEL for Edge Containerイメージファイルをダウンロードする
  7. RHEL for Edge Containerコミットでリポジトリーを提供するコンテナーをデプロイする
  8. Image Builder を使用して、RHEL for Edge インストーラーイメージのブループリントを作成します
  9. RHEL for Edge Containerメージを組み込んだ実行中のコンテナからコミットをプルするように設定されたRHEL for Edge Installerイメージを作成する
  10. RHEL for Edge Installerイメージをダウンロードする
  11. インストールを実行する
  12. イメージを作成する

以下の図は、RHEL for Edge イメージのネットワークを使用しないデプロイメントワークフローを表しています。

図1.1 非ネットワーク環境でのRHEL for Edgeのデプロイ

RHEL for Edge のネットワークを使用しないデプロイメントワークフロー