Menu Close

第4章 RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した RHEL for Edge イメージの作成

Image Builder を使用して、カスタマイズした RHEL for Edge イメージ (OSTree コミット) を作成します。

Image Builder にアクセスし、カスタマイズした RHEL for Edge イメージを作成するには、RHEL Web コンソールインターフェースまたはコマンドラインインターフェースを使用します。本セクションでは、Image Builder へのアクセスと、RHEL Web コンソールを使用した RHEL for Edge イメージの作成について説明します。

以下の高レベルの手順を実行することで、RHEL Web コンソールで Image Builderを使用して、RHEL for Edge イメージを作成することができます。

  1. RHEL Web コンソールでの Image Builder へのアクセス
  2. RHEL for Edge イメージの Blueprint の作成します。次のブループリントを作成できます。

    • RHEL for Edge Commit (.tar)またはRHEL for Edge Container (.tar)イメージをカスタマイズしたブループリント
    • "RHEL for Edge Installer (.iso)" イメージのブループリント
  3. RHEL for Edge イメージの Blueprint のユーザーアカウントの作成
  4. RHEL for Edge イメージの作成します。次のイメージを作成できます。

    • RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した RHEL for Edge Commit イメージの作成
    • RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した Edge Container イメージの RHEL の作成
    • RHEL Web コンソールで Image Builder を使用した RHELfor Edge インストーラーイメージの作成
  5. RHEL for Edge イメージをダウンロードする

4.1. RHEL Web コンソールでの Image Builder へのアクセス

RHEL Web コンソールで Image Builder にアクセスするには、以下の前提条件を満たしていることを確認してから、手順に従ってください。

前提条件

  • RHEL システムをインストール済みである。
  • システムの管理者権限を持っている。
  • RHEL システムを Red Hat Subscription Manager (RHSM) または Red Hat Satellite Server にサブスクライブしている。
  • システムに電源が入り、ネットワーク経由でアクセスできる。
  • システムに Image Builder がインストール済みである。

手順

  1. RHEL システムで、Web ブラウザーで https://localhost:9090/ にアクセスします。
  2. Image Builder にリモートでアクセスする方法は『 RHEL 9 で Web コンソールを使用したシステムの管理 』を参照してください。
  3. 管理ユーザーアカウントを使用して、Web コンソールにログインします。
  4. Web コンソールで、左側のメニューの Apps をクリックします。
  5. Image Builder をクリックします。
  6. Image Builder ダッシュボードが右側のペインに開きます。
  7. これで、RHEL for Edge イメージの Blueprint の作成に進むことができます。