9.2. RHEL for Edge の VMDK イメージの作成

RHEL for Edge .vmdk イメージを作成するには、RHEL Image Builder コマンドラインインターフェイスで edge-vsphere イメージタイプを使用します。

前提条件

手順

  1. .vmdk イメージの作成を開始します。

    # composer-cli compose start start-ostree <blueprint-name> edge-vsphere --<url>

    --<url> はリポジトリーの URL です (例: http://10.88.0.1:8080/repo)。

    composer プロセスがキューに追加されたことを確認する画面が表示されます。また、作成されたイメージの UUID (Universally Unique Identifier) 番号も表示されます。UUID 番号を使用してビルドを追跡します。また、更なるタスクのために UUID 番号を手元に保管しておきます。

  2. イメージの作成状態を確認します。

    # composer-cli compose status

    出力には、以下の形式で状態が表示されます。

    $ <UUID> RUNNING date <blueprint-name>  <blueprint-version> edge-vsphere
  3. 作成プロセスが完了したら、結果のイメージファイルをダウンロードします。

    # composer-cli compose image <UUID>

次のステップ

  • .vmdk イメージを vSphere にアップロードします。