Menu Close

3.3. サブスクリプションをサポートするシステムリポジトリのオーバーライド

osbuild-composerサービスは/etc/yum.repos.d/redhat.repoファイルで定義されているシステムのサブスクリプションを使用することができます。osbuild-composerでシステムサブスクリプションを使用するには、次のようなリポジトリオーバーライドを定義する必要があります。

  • /etc/yum.repos.d/redhat.repoで定義されているリポジトリと同じbaseurl
  • ”rhsm”: trueの値は、JSONオブジェクトで定義されます。

前提条件

手順

  1. /etc/yum.repos.d/redhat.repoファイルからbaseurlを取得します。

    [AppStream]
    name = AppStream mirror example
    baseurl = https://mirror.example.com/RHEL-9/9.0/AppStream/x86_64/os/
    enabled = 1
    gpgcheck = 0
    sslverify = 1
    sslcacert = /etc/pki/ca1/ca.crt
    sslclientkey = /etc/pki/ca1/client.key
    sslclientcert = /etc/pki/ca1/client.crt
    metadata_expire = 86400
    enabled_metadata = 0
  2. 同じbaseurlを使用するようにリポジトリオーバーライドを構成し、rhsmをtrueに設定します。

    {
        "x86_64": [
            {
                "name": "AppStream mirror example",
                "baseurl": "https://mirror.example.com/RHEL-9/9.0/AppStream/x86_64/os/",
                "gpgkey": "-----BEGIN PGP PUBLIC KEY BLOCK-----\n\n (…​)",
                "check_gpg": true,
                "rhsm": true
            }
        ]
    }
注記

osbuild-composerは、自動的に/etc/yum.repos.d/で定義されたリポジトリを使用していません。システムリポジトリのオーバーライドとして、composer-cliを使用して追加のsourceとして手動で指定する必要があります。システムリポジトリのオーバーライドは通常、「BaseOS」および「AppStream」リポジトリに使用されますが、composer-cliソースは他のすべてのリポジトリに使用されます。