Menu Close

6.6. 簡略化された ISO イメージを仮想マシンにデプロイ

次のインストールソースを使用して RHEL for Edge の Simplified イメージを作成することにより、生成した RHEL for Edge ISO イメージをデプロイします。

  • UEFI HTTP Boot
  • virt-install

この例は、ネットワークベース のインストール用に ISO イメージから virt-install インストールソースを作成する方法を示しています。

前提条件

  • ISO イメージを作成している。
  • UEFI HTTP ブートをサポートするようにネットワーク設定をセットアップしている。

手順

  1. UEFI HTTP ブートをサポートするようにネットワーク設定をセットアップします。libvirt を使用した UEFI HTTP ブートのセットアップ を参照してください。
  2. virt-install コマンドを使用して、UEFI HTTP Boot から RHEL for Edge Virtual Machine を作成します。

    # virt-install \
        --name edge-install-image \
        --disk path=”  “, ,format=qcow2
        --ram 3072 \
        --memory 4096 \
        --vcpus 2 \
        --network network=integration,mac=mac_address \
        --os-type linux
        --os-variant rhel9 \
        --cdrom "/var/lib/libvirt/images/”ISO_FILENAME"
        --boot uefi,loader_ro=yes,loader_type=pflash,nvram_template=/usr/share/edk2/ovmf/OVMF_VARS.fd,loader_secure=no
        --virt-type kvm \
        --graphics none \
         --wait=-1
         --noreboot

コマンドを実行すると、仮想マシンのインストールが開始します。

検証

  • 作成した仮想マシンにログインします。