11.7. FDO 認証を使用して RHEL for Edge デバイスを自動的にオンボーディング

RHEL for Edge デバイスを自動的にオンボードし、インストールプロセスの一環としてプロビジョニングするようにデバイスを準備するには、次の手順を実行します。

前提条件

  • RHEL for Edge の OSTree コミットを構築し、それを使用して Edge-simplified-installer アーティファクトを生成した。
  • デバイスが組み立てられている。
  • fdo-manufacturing-server RPM パッケージがインストールされている。製造サーバーパッケージのインストール を参照してください。

手順

  1. デバイス上で RHEL for Edge の簡略化されたインストーラーイメージを起動して、インストールプロセスを開始します。たとえば、CD-ROM または USB フラッシュドライブからインストールできます。
  2. ターミナルを介して、デバイスが製造サービスに到達し、最初のデバイスクレデンシャルエクスチェンジを実行して、所有権バウチャーを作成したことを確認します。

    所有権バウチャーは、Manufacturing-sever.yml ファイルの ownerning_voucher_store_driver: パラメーターで設定されている保管場所にあります。

    このディレクトリーには、正しいデバイスクレデンシャルがデバイスに追加されたことを示す、GUID 形式の名前を持つ owner_voucher ファイルが含まれているはずです。

    オンボーディングサーバーは、デバイス認証情報を使用して、オンボーディングサーバーに対して認証を行います。次に、設定をデバイスに渡します。デバイスはオンボーディングサーバーから設定を受け取った後、SSH キーを受け取り受信、デバイスにオペレーティングシステムをインストールします。最後に、システムは自動的に再起動し、TPM に保存されている強力なキーで暗号化します。

検証

デバイスが自動的に再起動した後、FDO プロセスの一部として作成した認証情報を使用してデバイスにログインできます。

  1. Service Info API で作成したユーザー名とパスワードを入力して、デバイスにログインします。