Menu Close

A.3. rpm-ostree コマンド

本セクションでは、ostree イメージのインストールまたは管理時に使用可能な rpm-ostree コマンドをいくつか紹介します。

表A.3 rpm-ostree コマンド

コマンド説明

rpm-ostree --repo=/home/gicmo/Code/src/osbuild-iot/build/repo/ db list <REV>

このコマンドは、リポジトリーへの <REV> コミットに存在するパッケージを一覧表示します。

rpm-ostree rollback

OSTree は、デプロイメント と呼ばれるブートローダーエントリーの順序リストを管理します。インデックス 0 のエントリーは、デフォルトのブートローダーエントリーです。エントリーごとに個別の /etc ディレクトリーがありますが、エントリーはすべて 1 つの /var ディレクトリーを共有します。Tab を押して起動を中断し、ブートローダーを使用してエントリーを選択できます。これにより、以前の状態にロールバックされます。つまり、デフォルトのデプロイメントが変更されると、デフォルト以外の状態になります。

rpm-ostree status

このコマンドは、使用中の現在のデプロイメントに関する情報を提供します。起動時にリストで一番上にあるデプロイメントがデフォルトになるなど、利用可能な全デプロイメントの名前と refspec が順番に記載されます。* のマークが付いたデプロイメントは現在の起動されるデプロイメントを、「r」のマークが付いたものは最新のアップグレードを示します。

rpm-ostree db list

このコマンドを使用して、コミットされたパッケージを確認します。1 つ以上のコミットを指定する必要がありますが、範囲や複数指定したコミットも機能します。

rpm-ostree db diff

このコマンドを使用して、2 つの rev (リビジョン) のツリー間でパッケージがどのように異なるかを表示します。rev を指定しないと、起動したコミットが保留中のコミットと比較されます。rev を 1 つだけ指定すると、起動したコミットはその rev と比較されます。

rpm-ostree upgrade

このコマンドは、現在のツリーの最新バージョンをダウンロードしてデプロイし、現在のツリーを次回の起動のデフォルトとして設定します。これは、実行中のファイルシステムツリーには影響はありません。変更を適用するには、再起動する必要があります。

関連情報

  • rpm-ostree man ページ