第7章 最小 RAW イメージのビルドとプロビジョニング

minimum-raw イメージは、xz 形式で圧縮され、事前にパッケージ化された起動可能な最小限の RPM イメージです。RHEL for Edge Minimal Raw イメージタイプをビルドし、aarch64 および x86 アーキテクチャーにデプロイできます。

7.1. 最小 RAW イメージのビルドとデプロイ

RHEL for Edge Minimal Raw イメージは、minimum-raw イメージタイプを使用してビルドします。イメージをブートするには、イメージを解凍し、SD カードなどのブート可能なデバイスにコピーする必要があります。最小 RAW イメージの作成に使用したブループリントで指定したユーザー名とパスワードを使用して、デプロイされたシステムにログインできます。

RHEL for Edge Minimal Raw イメージを作成およびデプロイする手順の概要は次のとおりです。

  1. RHEL システムをインストールおよび登録する
  2. Image Builder をインストールする
  3. Image Builder を使用して RHEL for Edge Minimal Raw イメージのカスタムブループリントを作成する
  4. RHEL for Edge のブループリントを Image Builder にインポートする
  5. RHEL for Edge Minimal Raw イメージを作成する
  6. 最小 RAW イメージを解凍する
  7. 最小 RAW イメージをデプロイする