7.2. Image Builder CLI を使用した最小 RAW イメージのブループリントの作成

ブループリントを作成し、ユーザー名とパスワードを使用してカスタマイズします。これで最小 RAW イメージが作成できるようになります。

手順

  1. TOML (Tom's Obvious, Minimal Language) 形式で、以下のコンテンツのプレーンテキストファイルを作成します。

    name = "minimal-raw-blueprint"
    description = "blueprint for the minimal raw image"
    version = "0.0.1"
    packages = []
    modules = []
    groups = []
    distro = ""
    
    [[customizations.user]]
    name = "admin"
    password = "admin"
    groups = ["users", "wheel"]
    • name はブループリントの名前、description はブループリントの説明です。
    • 0.0.1 は、セマンティックバージョニングスキームに基づくバージョン番号です。
    • モジュールには、イメージにインストールするパッケージの名前と、それに対応するバージョンの glob を記述します (例: パッケージ名 = "tmux"、対応するバージョンの glob = "2.9a")。現在、パッケージとモジュールには違いがないことに注意してください。
    • グループは、イメージにインストールするパッケージグループです (例: anaconda-tools グループパッケージ)。モジュールとグループがわからない場合は、空のままにします。
    • name は、イメージにログインするためのユーザー名です。
    • パスワードは、任意のパスワードです。
    • グループは、"widget"などの任意のユーザーグループです。
  2. ブループリントを Image Builder サーバーにインポートします。

    # composer-cli blueprints push <blueprint_name>.toml
  3. ブループリントがシステムで利用できるかどうかを確認します。

    # composer-cli blueprints list
  4. ブループリント内のコンポーネント、バージョン、およびそれらの依存関係の有効性を確認します。

    # composer-cli blueprints depsolve <blueprint_name>