Menu Close

1.2. RHEL for Edge イメージの作成とデプロイ方法

RHEL for Edge イメージを作成およびデプロイする全体的なプロセスは、デプロイメント環境が ネットワークベースである か、そうでない かにより異なります。

RHEL for Edge イメージの作成およびデプロイには、以下の 2 つのフェーズがあります。

  1. Image Builder を使用した RHEL rpm-ostree イメージの作成composer-cli ツールのコマンドラインインターフェース経由で Image Builder にアクセスするか、または RHEL 8 Web コンソールのグラフィカルユーザーインターフェースを使用することができます。
  2. RHEL インストーラーを使用したイメージのデプロイ

RHEL for Edge イメージの作成中、以下のイメージタイプのいずれかを選択できます。

表1.1 RHEL for Edge イメージタイプ

イメージタイプ説明ネットワークベースのデプロイメントに適しています。ネットワーク以外のデプロイメントに適しています。

RHEL for Edge Commit (.tar)

完全なオペレーティングシステムが含まれている場合でも、コミットイメージは直接起動できません。Commit image タイプを起動するには、これをデプロイする必要があります。

はい

RHEL for Edge コンテナー (.tar)

コンテナーは OSTree コミットを作成し、Web サーバーを使用して OCI コンテナーに組み込みます。コンテナーが起動すると、Web サーバーはコミットを OSTree リポジトリーとして機能します。

はい

RHEL for Edge Installer (.iso)

インストーラーのイメージタイプは実行中のコンテナーからコミットをプルし、埋め込み OSTree コミットを使用するように設定されたキックスタートファイルを使用してインストール可能なブート ISO を作成します。

はい

RHEL for Edge Raw image (.raw.xz)

圧縮された raw イメージは、既存のデプロイ済みの OSTree コミットのあるパーティションレイアウトを含むファイルで構成されます。ハードドライブで RHEL Raw イメージをフラッシュしたり、仮想マシンでブートしたりできます。

はい

はい

RHEL for Edge Simplified Installer (.iso)

簡略化されたインストーラーイメージタイプは実行中のコンテナーからコミットをプルし、埋め込み OSTree コミットを使用するよう設定されたキックスタートファイルを使用してインストール可能なブート ISO を作成します。

はい

はい

イメージタイプはその内容によって異なるため、各種デプロイメント環境に適しています。