Menu Close

付録A 用語とコマンド

本セクションでは、rpm ostree の用語およびコマンドについて説明します。

A.1. OSTree と rpm-ostree の用語

以下は、OSTree および rpm-ostree のイメージで使用される便利な用語の一部になります。

表A.1 OSTree と rpm-ostree の用語

用語定義

OSTree

Linux ベースのオペレーティングシステムのバージョンを管理するために使用するツールです。OSTree のツリービューは Git に似ていて、同様のコンセプトに基づいています。

rpm-ostree

オペレーティングシステムの更新をホストするハイブリッドイメージまたはシステムパッケージ。

Commit

オペレーティングシステムのリリースバージョンまたはイメージバージョン。Image Builder は、RHEL for Edge イメージの ostree コミットを生成します。これらのイメージを使用して、Edge サーバーに RHEL をインストールしたり、更新したりすることができます。

Refs

ostree 内のブランチを表します。Refs は常に最新のコミットに解決します。例: rhel/9/x86_64/edge

Revision (Rev)

特定のコミットの SHA-256。

Remote

ostree コンテンツをホストする http または https エンドポイント。これは、dnf リポジトリーの baseurl と似ています。

static-delta

ostree イメージへの更新は常にデルタ更新です。RHEL for Edge イメージの場合、更新されるファイル数により、TCP のオーバーヘッドが予想以上に大きくなる可能性があります。TCP のオーバーヘッドを回避するために、特定のコミット間で static-delta を生成し、単一の接続で更新を送信することができます。この最適化は、接続性に制約のある大規模なデプロイメントをサポートします。