Menu Close

第8章 ネットワークベース環境での RHEL for Edge イメージのデプロイメント

RHEL インストーラーのグラフィカルユーザーインターフェースまたはキックスタートファイルを使用して、RHEL for Edge イメージをデプロイできます。RHEL for Edge イメージをデプロイする全体的なプロセスは、デプロイメント環境がネットワークベースであるかそうでないかによって異なります。

注記

ベアメタルにイメージをデプロイするには、キックスタートファイルを使用します。

ネットワークベースのデプロイメント

ネットワークベースの環境に RHEL for Edge イメージをデプロイするには、以下の概要手順を実施します。

  1. イメージファイルのコンテンツの展開。
  2. Web サーバーを設定する
  3. イメージのインストール

8.1. RHEL for Edge イメージのコミットの展開

コミットをダウンロードしたら、.tar ファイルを展開して ref 名とコミット ID にアクセスします。

ダウンロードしたコミットファイルは、OSTree リポジトリーを持つ .tar ファイルで構成されています。OSTree リポジトリーには、コミットと compose.json ファイルが含まれます。

compose.json ファイルには、「Ref」(リファレンス ID) やコミット ID などの情報が含まれるコミットに関する情報のメタデータが含まれています。コミットには rpm パッケージが含まれます。

パッケージのコンテンツを展開するには、以下の手順を実行します。

前提条件

  • キックスタートファイルを作成するか、既存のファイルを使用する。

手順

  1. ダウンロードしたイメージの tar ファイルを展開します。

    # tar xvf <UUID>-commit.tar
  2. .tar ファイルを展開したディレクトリーに移動します。

    compose.json ファイルと OSTree ディレクトリーが含まれます。compose.json ファイルにはコミット番号が含まれ、OSTree ディレクトリーには rpm パッケージが含まれます。

  3. compose.json ファイルを開き、コミット ID 番号を書き留めます。Web サーバーの設定を進める際には、この番号が必要になります。

    jq JSONプロセッサーがインストールされている場合は、jqツールを使ってコミットハッシュIDを取得することもできます。

    # jq '.["ostree-commit"]' < compose.json
  4. コミットの rpm パッケージを一覧表示します。

    # rpm-ostree db list rhel/9/x86_64/edge --repo=repo
  5. キックスタートファイルを使用して、RHEL インストーラーを実行します。既存のファイルを使用するか、キックスタートジェネレーターツールを使用してファイルを作成できます。

    キックスタートファイルでは、ファイルシステムのプロビジョニング、ユーザーの作成、RHEL for Edge イメージの取得とデプロイの方法についての詳細を含めるようにしてください。RHEL インストーラーは、インストールプロセス中にこの情報を使用します。

    キックスタートファイルの例を以下に示します。

    lang en_US.UTF-8
    keyboard us
    timezone Etc/UTC --isUtc
    text
    zerombr
    clearpart --all --initlabel
    autopart
    reboot
    user --name=core --group=wheel
    sshkey --username=core "ssh-rsa AAAA3Nza…​."
    
    ostreesetup --nogpg --osname=rhel --remote=edge --url=https://mirror.example.com/repo/ --ref=rhel/9/x86_64/edge

    ostreesetupコマンドは、OStree ベースのインストールを設定するのに使用されます。OSTreeのコミットを、以下のフラグを使って取得します。

    • --nogpg - GPG 鍵の検証の無効化
    • --osname - OS インストール用の管理ルート
    • --remote - OS インストール用の管理ルート
    • --url - インストール元となるリポジトリーの URL
    • --ref - インストールに使用するリポジトリーのブランチー名
    • --url=https://mirror.example.com/repo/ - エッジコミットを抽出してnginxで提供したホストシステムのアドレスこのアドレスを使って、ゲストマシンからホストシステムにアクセスすることができます。

      たとえば、/var/www/htmlディレクトリにコミットイメージを抽出し、ホスト名がwww.example.com のマシンで nginx を介してコミットを提供する場合、--url パラメーターの値はhttp://www.example.com/repoとなります。

      注記

      Apache HTTP Serverではhttpsが有効になっていないため、httpプロトコルを使用してサービスを開始し、コミットを提供します。