Menu Close

2.2. Image Builder のインストール

Image Builder を専用の仮想マシンにインストールするには、以下の手順を行います。

前提条件

  • 仮想マシンが作成され、オンの状態になっている。
  • RHEL をインストールし、RHSM または Red Hat Satellite にサブスクライブしている。

手順

  1. 仮想マシンに以下のパッケージをインストールします。

    • osbuild-composer
    • composer-cli
    • cockpit-composer
    • bash-completion
    • firewalld
    # dnf install osbuild-composer composer-cli cockpit-composer bash-completion firewalld

    Image Builder は、RHEL Web コンソールでアプリケーションとしてインストールされています。

  2. 仮想マシンを再起動します。
  3. Web コンソールへのアクセスを許可するように、システムのファイアウォールを設定します。

    # firewall-cmd --add-service=cockpit && firewall-cmd --add-service=cockpit --permanent
  4. Image Builder を有効にします。

    # systemctl enable osbuild-composer.socket --now
    # systemctl enable cockpit.socket --now

    lorax-composer サービスおよび cockpit サービスは、最初のアクセスで自動的に起動します。

  5. システムを再起動しなくても、composer-cli コマンドのオートコンプリート機能がすぐに動作するように、シェル設定スクリプトを読み込みます。

    $ source /etc/bash_completion.d/composer-cli