Menu Close

第6章 簡略化されたインストーラーイメージを構築して、RHEL for Edge image イメージをプロビジョニングします

デバイスへの無人インストール用に最適化された RHEL for Edge Simplified Installer イメージをビルドし、そのイメージを RHEL for Edge イメージにプロビジョニングできます。

6.1. 簡略化されたインストーラーイメージのビルドおよびデプロイ

新しいイメージタイプである edge-simplified-installer を使用して、RHEL for Edge Simplified Installer イメージをビルドします。

RHEL for Edge Simplified Installer イメージをビルドするには、既存の OSTree コミットを提供します。作成されるイメージには、OSTree コミットがデプロイされた生のイメージが含まれます。Simplified インストーラーの ISO イメージを起動すると、ハードドライブまたは仮想マシンのブートイメージとして使用できる RHEL for Edge システムがプロビジョニングされます。

RHEL for Edge Simplified Installer イメージは、デバイスへの無人インストール用に最適化されており、ネットワークベースのデプロイメントと非ネットワークベースのデプロイメントの両方をサポートします。ただし、ネットワークベースのデプロイメントでは、UEFI HTTP ブートのみをサポートします。

簡略化された RHEL for Edge イメージの作成およびデプロイには、次の高レベルの手順が含まれます。

  1. RHEL システムをインストールおよび登録する
  2. Image Builder をインストールする
  3. Image Builder を使用して RHEL for Edge Containerイメージのカスタム Blueprint を作成する
  4. RHEL for Edge の Blueprint を Image Builder にインポートする
  5. OSTree リポジトリーとしてコミットをデプロイする準備が整った Web サーバーで、OCI コンテナーに組み込む RHEL for Edge イメージを作成する
  6. edge-simplified-installerの Blueprint の作成
  7. 簡略化された RHEL for Edge を構築する
  8. RHEL for Edge を簡素化したイメージのダウンロード
  9. virt-install を使用して生のイメージのインストール

次の図は、RHEL for Edge Simplified の構築およびプロビジョニングワークフローを表しています。

図6.1 ネットワークベース環境での RHEL for Edge の構築とプロビジョニング

RHEL for Edge の Simplified ワークフロー