Menu Close

9.3. ネットワークベース以外のデプロイメント向けの RHEL for Edge イメージのインストール

RHEL for Edge イメージをインストールするには、以下の手順に従います。

前提条件

  • RHEL for Edge の ISO イメージを作成している。
  • 実行中のコンテナーを停止している。
  • 作成したコミットをインストールするためのディスクイメージ。

手順

  1. 空の qcow イメージを作成して、(.iso) をインストールします。これは、仮想マシン用のハードドライブのイメージです。以下に例を示します。

    $  qemu-img create -f qcow2 diskfile.qcow2 5G
  2. ディスクをドライブとして、インストーラー ISO を CD-ROM として使用している仮想マシンを起動します。以下に例を示します。

    $  qemu-system-x86_64 \
              -enable-kvm \
              -m 4G \
              -cpu host \
              -net nic,model=virtio \
              -net user,hostfwd=tcp::2223-:22 \
              -cdrom $HOME/Downloads/RHEL-Installer-x86_64-33-1.2.iso \
              disk-image.img

    このコマンドにより、qemu (ハイパーバイザー) が以下のように設定されます。

    • KVM 仮想化を使用します。
    • メモリーを 4000MB に増やします (一部のプロセスは、dnf など、多くのメモリーを消費します)。
    • ホストが使用する CPU タイプと同じタイプを使用します。
    • ゲストをホストの仮想ネットワークブリッジに接続し、ホストのTCPポート2223をゲストの SSH ポート (22) に転送します。
    • インストール ISO をマウントします。
    • 上記で作成したハードドライブイメージを使用します。

      Anaconda インストーラーを指定します。RHEL インストーラーが起動し、ISO からキックスタートファイルを読み込み、RHEL for Edge イメージのコミットのインストールなど、コマンドを実行します。インストールが完了すると、インストーラーはログインの詳細を要求します。

      注記

      Anaconda は、インストール時にコンテナーコミットを使用するように事前設定されています。

  3. ログイン画面で、ユーザーアカウントの認証情報を指定し、Enter をクリックします。

検証手順

  1. RHEL for Edge イメージが正常にインストールされているかどうかを確認します。

    $  rpm-ostree status

結果として、コマンドの出力にはイメージのコミット ID が表示され、正常にインストールされたことが分かります。