13.4. キックスタートを使用したエッジデバイスへの無人インストールの実行

ネットワークベース環境での無人インストールの場合、キックスタートファイルと Web サーバーを使用して、RHEL for Edge イメージを Edge デバイスにインストールできます。Web サーバーは、RHEL for Edge Commit とキックスタートファイルを提供し、両方のアーティファクトが RHEL インストーラー ISO イメージの起動に使用されます。

前提条件

手順

  1. RHEL for Edge Container イメージを実行して Web サーバーを起動します。サーバーは、RHEL for Edge Container イメージ内のコミットをフェッチして、利用可能になり実行されます。
  2. libvirt virt-install を使用して、カスタマイズされた .qcow2 ディスクイメージを渡して RHEL Anaconda インストーラーを実行します。

    virt-install \
    --name rhel-edge-test-1 \
    --memory 2048 \
    --vcpus 2 \
    --disk path=prepared_disk_image.qcow2,format=qcow2,size=8 \
    --os-variant rhel9 \
    --cdrom /home/username/Downloads/rhel-9-x86_64-boot.iso
  3. インストール画面で:

    図13.2 Red Hat Enterprise Linux 起動メニュー

    Red Hat Enterprise Linux 起動メニュー
    1. TAB キーを押して、キックスタートカーネル引数を追加します。

      inst.ks=http://web-server_device_ip:port/kickstart.ks

      カーネルパラメーターは、RHEL インストーラーに含まれる RHEL イメージではなく、キックスタートファイルを使用して RHEL をインストールすることを指定します。

    2. カーネルパラメーターを追加したら、Ctrl+X を押して、キックスタートファイルを使用して RHEL インストールを起動します。

      RHEL インストーラーが起動し、サーバー (HTTP) エンドポイントからキックスタートファイルを取得してコマンドを実行します。このコマンドには、HTTP エンドポイントから RHEL for Edge イメージコミットをインストールするコマンドが含まれます。インストールが完了すると、RHEL インストーラーからログインの詳細を求められます。

検証

  1. ログイン 画面で、ユーザーアカウントの認証情報を入力し、Enter をクリックします。
  2. RHEL for Edge イメージが正常にインストールされているかどうかを確認します。

    $ rpm-ostree status

    コマンドの出力には、イメージのコミット ID が表示され、正常にインストールされたことがわかります。

    以下は出力例です。

    State: idle
    Deployments:
    * ostree://edge:rhel/9/x86_64/edge
    		  Timestamp: 2020-09-18T20:06:54Z
    			Commit: 836e637095554e0b634a0a48ea05c75280519dd6576a392635e6fa7d4d5e96