2.6.4. xinetd 設定ファイル

xinetd の設定ファイルは以下のとおりです。
  • /etc/xinetd.conf : グローバルな xinetd 設定ファイル
  • /etc/xinetd.d/ : サービス固有のファイルをすべて含むディレクトリー

2.6.4.1. /etc/xinetd.conf ファイル

この /etc/xinetd.conf ファイルには、xinetdの制御下のすべてのサービスに影響する一般的な設定が含まれます。これは、xinetd サービスが最初に開始された際に読み取られるため、設定の変更を有効にするには、xinetd サービスを再起動する必要があります。/etc/xinetd.conf ファイルの例を以下に示します。
defaults
{
	 instances               = 60        
	 log_type                = SYSLOG	authpriv
	 log_on_success          = HOST PID
	 log_on_failure          = HOST
	 cps                     = 25 30
}
includedir /etc/xinetd.d
これらの行は、xinetd の以下の側面を制御します。
  • instances : xinetd が処理できる同時要求の最大数を指定します。
  • log_type : authpriv ログエントリーを /var/log/secure ファイルに書き込むログファシリティーを使用するように xinetd を設定します。等のディレクティブを追加する FILE /var/log/xinetdlog と、/var/log/ ディレクトリー xinetdlog にという名前のカスタムログファイルが作成されます。
  • log_on_success : 正常な接続試行をログに記録するように xinetd を設定します。デフォルトでは、リモートホストの IP アドレスと、要求が記録されるサーバーのプロセス ID です。
  • log_on_failure : 失敗した接続試行をログに記録するよう xinetd を設定するか、または接続が拒否された場合。
  • cps : 特定のサービスへの 1 秒あたりの 25 を超える接続を許可するように xinetd を設定します。この制限を超えると、サービスは 30 秒間廃止されます。
  • includedir /etc/xinetd.d/ : /etc/xinetd.d/ ディレクトリーにあるサービス固有の設定ファイルに宣言されたオプションが含まれます。詳細は「/etc/xinetd.d/ ディレクトリー」を参照してください。
注記
多くの場合、log_on_success との log_on_failure 設定 /etc/xinetd.conf は、サービス固有の設定ファイルでさらに変更されます。したがって、詳細は、ファイルが示すファイルよりも、指定のサービスのログファイルに表示される /etc/xinetd.conf 可能性があります。詳細はを 「ロギングのオプション」 参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。