2.6.4. xinetd の設定ファイル

xinetd の設定ファイルは以下の通りです。
  • /etc/xinetd.conf — 全体の xinetd 設定ファイル。
  • /etc/xinetd.d/ — サービス固有のファイルすべてを含むディレクトリー。

2.6.4.1. /etc/xinetd.conf ファイル

/etc/xinetd.conf ファイルには、xinetd の制御下ですべてのサービスに影響する一般的な設定が含まれます。その設定は、xinetd サービスの初回起動時に読み込まれます。そのため、設定の変更を反映するためには、xinetd サービスを再起動する必要があります。以下は /etc/xinetd.conf ファイルのサンプルです。
defaults
{
	 instances               = 60        
	 log_type                = SYSLOG	authpriv
	 log_on_success          = HOST PID
	 log_on_failure          = HOST
	 cps                     = 25 30
}
includedir /etc/xinetd.d
これらの行は xinetd の以下の側面を制御します。
  • instancesxinetd が処理できる同時要求の最大数を指定します。
  • log_typexinetdauthpriv ログファシリティを使用するように設定し、ログエントリーを /var/log/secure ファイルに書き込みます。FILE /var/log/xinetdlog などの指示文を追加することにより、/var/log/ ディレクトリーに xinetdlog というカスタムログファイルを作成します。
  • log_on_success — 成功した接続の試行をログに記録するよう xinetd を設定します。デフォルトでは、リモートホストの IP アドレスおよび要求を処理するサーバーのプロセス ID が記録されます。
  • log_on_failure — 失敗した接続試行をログに記録するように、または接続が拒否された場合に xinetd を設定します。
  • cps — 所定のサービスに対して 1 秒に 25 接続のみを許可するように xinetd を設定します。この制限を超えた場合は、サービスの使用が 30 秒間停止します。
  • includedir /etc/xinetd.d//etc/xinetd.d/ ディレクトリーにあるサービス固有の設定ファイルで宣言されたオプションが含まれます。詳細は、「/etc/xinetd.d/ ディレクトリー」を参照してください。

注記

多くの場合、/etc/xinetd.conf にある log_on_success および log_on_failure の設定は、サービス固有の設定ファイルで追加で修正されます。そのため、/etc/xinetd.conf ファイルが示すよりも多くの情報が所定サービスのログファイルに表示される可能性があります。詳細は「ロギングのオプション」を参照してください。