Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.6.4.3. xinetd 設定ファイルの変更

xinetd が保護するサービスには、さまざまなディレクティブを使用できます。本セクションでは、一般的に使用されるオプションの一部について説明します。
2.6.4.3.1. ロギングのオプション
/etc/xinetd.d/ ディレクトリー内のサービス固有の設定ファイルには /etc/xinetd.conf、以下のロギングオプションを使用できます。
以下は、一般的に使用されるロギングオプションの一部です。
  • ATTEMPT : 失敗したことをログに記録します(log_on_failure)。
  • DURATION : サービスがリモートシステム(log_on_success)で使用される期間をログに記録します。
  • EXIT : サービスの終了ステータスまたは終了シグナルをログに記録します(log_on_success)。
  • HOST : リモートホストの IP アドレス(log_on_failure および log_on_success)をログに記録します。
  • PID : 要求を受信するサーバーのプロセス ID をログに記録します(log_on_success)。
  • USERID : RFC 1413 で定義されたすべてのマルチスレッドストリームサービス(log_on_failure および log_on_success)で定義されたメソッドを使用してリモートユーザーをログに記録します。
ロギングオプションの完全なリストは、の xinetd.conf man ページを参照してください。