3.5.3. コマンドラインで GPG 鍵の作成

  1. 以下のシェルコマンドを使用します。
    ~]$ gpg2 --gen-key
    このコマンドは、公開鍵と秘密鍵で構成されるキーペアを生成します。その他のユーザーは公開鍵を使用して通信を認証または復号化します。特にメーリングリストなど、お客様から正式な通信を受信したい場合に、公開鍵を可能な限り広く配布します。
  2. 一連のプロンプトにより、プロセスが実行されます。Enter キーを押して、必要であればデフォルト値を割り当てます。最初のプロンプトでは、希望する鍵の選択が求められます。
    Please select what kind of key you want:
    (1) RSA and RSA (default)
    (2) DSA and Elgamal
    (3) DSA (sign only)
    (4) RSA (sign only)
    Your selection?
    
    ほとんどの場合で、デフォルト値が正しい選択になります。RSA/RSA キーを使用すると、通信に署名するだけでなく、ファイルを暗号化できます。
  3. キーサイズを選択します。
    RSA keys may be between 1024 and 4096 bits long.
    What keysize do you want? (2048)
    
    ここでも、ほとんどのユーザーにはデフォルトの 2048 で十分で、セキュリティーレベルは非常に強固です。
  4. キーの有効期限が切れるタイミングを選択します。デフォルトを使用する代わりに有効期限を選択することが推奨され noneます。たとえば、キーのメールアドレスが無効になると、その公開鍵の使用を停止するように、有効期限が他のユーザーに通知されます。
    Please specify how long the key should be valid.
    0 = key does not expire
    d = key expires in n days
    w = key expires in n weeks
    m = key expires in n months
    y = key expires in n years
    key is valid for? (0)
    
    1y の値を入力して(例:)、キーは 1 年間有効になります。(設定を変更する場合は、キーの生成後にこの有効期限を変更できます。)
  5. gpg2 アプリケーションが署名情報を要求する前に、以下のプロンプトが表示されます。
    Is this correct (y/N)?
    y を入力してプロセスを完了します。
  6. GPG キーの名前とメールアドレスを入力します。このプロセスは、実際の個人としてユーザーを認証することにあります。このため、実際の名前を含めます。偽のメールアドレスを選択すると、他のユーザーが公開鍵を見つけることがより困難になります。これにより、通信の認証が困難になります。この GPG キーを使用してメーリングリストで自己操作を行います。たとえば、そのリストで使用するメールアドレスを入力します。
    comment フィールドを使用してエイリアスやその他の情報を追加します。(一部のユーザーはさまざまな目的で異なるキーを使用し、「Office」や「オープンソースプロジェクト」などのコメントで各キーを特定します。)
  7. 確認プロンプトで文字を入力し、すべてのエントリーが正しい場合は続行 O するか、他のオプションを使用して問題を解決します。最後に、秘密鍵のパスフレーズを入力します。gpg2 プログラムはパスフレーズの入力を 2 回入力して、エラーが発生しないように要求します。
  8. 最後に、鍵をできるだけ一意にするランダムなデータを gpg2 生成します。マウスを移動し、ランダムな鍵を入力するか、このステップ中にシステムに他のタスクを実行して処理を迅速化します。この手順が完了すると、鍵が完了し、使用できる状態になります。
    	  pub  1024D/1B2AFA1C 2005-03-31 John Q. Doe <jqdoe@example.com>
    	  Key fingerprint = 117C FE83 22EA B843 3E86  6486 4320 545E 1B2A FA1C
    	  sub  1024g/CEA4B22E 2005-03-31 [expires: 2006-03-31]
    
  9. キーフィンガープリントは、キーの短い「署名」です。これにより、改ざんなしで、実際に公開鍵を受信したことを他のユーザーに確認することができます。このフィンガープリントを書き留める必要はありません。フィンガープリントをいつでも表示するには、メールアドレスを置き換えて、次のコマンドを使用します。
    ~]$ gpg2 --fingerprint jqdoe@example.com
    「 GPG key ID」は、公開鍵を識別する 8 16 進法で構成されます。上記の例では、GPG キー ID はです 1B2AFA1C。ほとんどの場合、鍵 ID を要求する場合は、にあるよう 0x にキー ID の前にが追加され 0x6789ABCDます。
警告
パスフレーズを忘れると、鍵は使用できないため、その鍵を使用して暗号化したデータはすべて失われます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。