8.6. キックスタートによる USGCB 対応システムのインストール

Red Hat Enterprise Linux 6.7 以降 USGCB米国の設定ベースライン)ベンチマークキックスタートファイルは Red Hat Enterprise Linux のサーバーバリアントに同梱されています。これにより、管理者はをインストールできます。 USGCB最小作業によるシステムに準拠している。生の Red Hat Enterprise Linux システムをインストールする代わりに、を使用してスキャンします。 USGCB SCAP コンプライアンスを実現するためにシステムのコンテンツを再設定すると、管理者は以下を使用できます。 USGCB を自動的に取得するベンチマークキックスタートファイル USGCB 起動時から準拠したシステム。
自動 インストール(キックスタートインストール)にキックスタートファイルを使用する方法と、提供されているの使用方法は『 Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』を参照してください。 USGCB ベンチマークキックスタートファイル( USGCB または DISA 準拠のインストールイメージの作成)The USGCB キックスタートファイルは scap-security-guide パッケージに含まれ、その永続的な場所は次のようになります。
/usr/share/scap-security-guide/kickstart/ssg-rhel6-usgcb-server-with-gui-ks.cfg

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。