Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.7.2. TLS 実装の使用

Red Hat Enterprise Linux には、完全機能の TLS 実装が同梱されています。本セクションでは、OpenSSL および GnuTLS の設定を説明します。個別アプリケーションでの TLS サポートの設定方法については、「特定アプリケーションの設定」 を参照してください。
利用可能な TLS 実装は、各種の 暗号化スイートをサポートします。これらのスイートは、TLS でセキュア化された通信の確立および使用時に一緒に送られる全要素を定義します。
「有効にするアルゴリズムの選択」 で示された推奨事項と検討するとともに、各種の実装で含まれているツールを使って、ご自分のユースケースにとって最善のセキュリティを提供する暗号化スイートを一覧表示、指定してください。そこでできた暗号化スイートを使うと、各アプリケーションが接続を処理してセキュア化することができます。

重要

使用する TLS 実装またはその実装を利用するアプリケーションが更新またはアップグレードされた後は、必ず使用中の設定をチェックしてください。新しいバージョンは、ユーザーが有効化を希望せずかつ使用中の設定が無効にしない新たな暗号化スイートを導入する場合があります。

3.7.2.1. OpenSSL での暗号化スイートの使用

OpenSSL は、SSL および TLS プロトコルをサポートするツールキットおよび暗号化ライブラリーです。Red Hat Enterprise Linux では、設定ファイルは /etc/pki/tls/openssl.cnf にあります。その形式は、config(1) で確認できます。
インストール済みの OpenSSL でサポートされている暗号化スイートすべてを一覧表示するには、以下のように openssl コマンドで ciphers サブコマンドを実行します。
~]$ openssl ciphers -v 'ALL:COMPLEMENTOFALL'
(OpenSSL ドキュメンテーションでは cipher strings および keywords と呼ばれる) 他のパラメーターを ciphers コマンドに渡して出力を絞ります。特別なキーワードを使うと、特定の条件を満たすスイートのみを一覧表示することができます。たとえば、HIGH グループに属するスイートのみを一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ openssl ciphers -v 'HIGH'
利用可能なキーワードおよび暗号化文字列の一覧は、ciphers(1) の man ページを参照してください。
「有効にするアルゴリズムの選択」 の推奨事項を満たす暗号化スイートを一覧表示するには、以下のようなコマンドを実行します。
~]$ openssl ciphers -v 'kEECDH+aECDSA+AES:kEECDH+AES+aRSA:kEDH+aRSA+AES' | column -t
ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384  TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=ECDSA  Enc=AESGCM(256)  Mac=AEAD
ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384      TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=ECDSA  Enc=AES(256)     Mac=SHA384
ECDHE-ECDSA-AES256-SHA         SSLv3    Kx=ECDH  Au=ECDSA  Enc=AES(256)     Mac=SHA1
ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256  TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=ECDSA  Enc=AESGCM(128)  Mac=AEAD
ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256      TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=ECDSA  Enc=AES(128)     Mac=SHA256
ECDHE-ECDSA-AES128-SHA         SSLv3    Kx=ECDH  Au=ECDSA  Enc=AES(128)     Mac=SHA1
ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384    TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=RSA    Enc=AESGCM(256)  Mac=AEAD
ECDHE-RSA-AES256-SHA384        TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=RSA    Enc=AES(256)     Mac=SHA384
ECDHE-RSA-AES256-SHA           SSLv3    Kx=ECDH  Au=RSA    Enc=AES(256)     Mac=SHA1
ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256    TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=RSA    Enc=AESGCM(128)  Mac=AEAD
ECDHE-RSA-AES128-SHA256        TLSv1.2  Kx=ECDH  Au=RSA    Enc=AES(128)     Mac=SHA256
ECDHE-RSA-AES128-SHA           SSLv3    Kx=ECDH  Au=RSA    Enc=AES(128)     Mac=SHA1
DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384      TLSv1.2  Kx=DH    Au=RSA    Enc=AESGCM(256)  Mac=AEAD
DHE-RSA-AES256-SHA256          TLSv1.2  Kx=DH    Au=RSA    Enc=AES(256)     Mac=SHA256
DHE-RSA-AES256-SHA             SSLv3    Kx=DH    Au=RSA    Enc=AES(256)     Mac=SHA1
DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256      TLSv1.2  Kx=DH    Au=RSA    Enc=AESGCM(128)  Mac=AEAD
DHE-RSA-AES128-SHA256          TLSv1.2  Kx=DH    Au=RSA    Enc=AES(128)     Mac=SHA256
DHE-RSA-AES128-SHA             SSLv3    Kx=DH    Au=RSA    Enc=AES(128)     Mac=SHA1
上記のコマンドはセキュアでない暗号をすべて省略し、ephemeral elliptic curve Diffie-Hellman 鍵交換と ECDSA 暗号を優先します。また、RSA 鍵交換も省略します (perfect forward secrecy が保証されます)。
これはやや厳密な設定であることに注意してください。現実には条件を多少緩和して、より広い範囲のクライアントとの互換性を可能にする必要があるかもしれません。