Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3. OpenSSL インテル AES-NI エンジン

一部の Intel プロセッサーには、Intel Advanced Encryption Standard (AES) New Instructions (AES-NI) エンジンが実装されています。このエンジンは、ハードウェアの暗号化/暗号化解除を極めて高速に処理することができます。

注記

AES-NI エンジンをサポートする Intel プロセッサーのリストについては、Intel の ARK を参照してください。
検出されたプロセッサーがサポート対象の場合、AES-NI エンジンは自動的に有効になります。プロセッサーがサポート対象可動化を確認するには、以下の手順にしたがってください。
  1. プロセッサーに AES 指示セットがあることを確認します。
    ~]# grep -m1 -o aes /proc/cpuinfo
    aes
  2. root で以下のコマンドを実行し、出力を比較します。後者のコマンドでのパフォーマンスが大幅に優れていれば、AES-NI が有効になっていることを意味します。下記の出力は短縮してあることに注意してください。
    ~]# openssl speed aes-128-cbc
    The 'numbers' are in 1000s of bytes per second processed.
    type             16 bytes     64 bytes    256 bytes   1024 bytes   8192 bytes
    aes-128 cbc      99696.17k   107792.98k   109961.22k   110559.91k   110742.19k
    ~]# openssl speed -evp aes-128-cbc
    The 'numbers' are in 1000s of bytes per second processed.
    type             16 bytes     64 bytes    256 bytes   1024 bytes   8192 bytes
    aes-128-cbc     800450.23k   873269.82k   896864.85k   903446.19k   902752.94k
OpenSSH の速度をテストするには、以下のようなコマンドを実行することができます。
~]# dd if=/dev/zero count=100 bs=1M | ssh -c aes128-cbc localhost "cat >/dev/null"
root@localhost's password: 
100+0 records in
100+0 records out
104857600 bytes (105 MB) copied, 4.81868 s, 21.8 MB/s
AES-NI エンジンの詳細については、Intel® Advanced Encryption Standard Instructions (AES-NI) を参照してください。